2500万円と370万円|金融転職・コンサルタント転職のアンテロープ

キャリアコンサルタント紹介

小倉 基弘 [ Motohiro Ogura ]   代表取締役

【経歴】
上智大学法学部卒。日興證券(現SMBC日興証券)を経て90年、建築関連のビジネスを起業。約7年のベンチャー経営後、プロフェッショナルのキャリア形成に関連するビジネス創造を目指して、人材エージェントにてコンサルタントを4年間経験。2002年、「野心と向上心を持ったプロフェッショナル」に対してチャレンジングな機会提供を行う目的でアンテロープキャリアコンサルティングを設立。

【担当領域/実績】
専門は投資銀行、PE投資ファンド、投資先企業マネジメントポジション、不動産ファンド。現在までエージェント業務を19年経験。日系大手投資銀行、外資系投資銀行、PE、政府系ファンド、不動産ファンド、事業会社マネジメントを中心に4千名以上のプロフェッショナルのキャリアデザインをサポートしている。

このコンサルタントを希望して転職支援サービスに申し込む

マーケット近況ショートレポート2500万円と370万円[2017-08-30]

表題の金額は、直近で弊社に登録されている35歳の方々87名の年収の1番高い方と低い方の数字です。データでの共通項は、年齢以外では出身大学が東京大学、京都大学、大阪大学、東北大学、北海道大学、一橋大学、東京工業大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)という日本ではある程度の学歴と見られている大学および大学院を卒業されていることです。

87名の年収の平均値は962.5万円、日本全体の35歳の平均年収が434.5万円(リクナビNEXTより)ということを考慮すると、2倍以上の数値になっています。これ自体は弊社にご登録されている方々の学歴、業界(金融、コンサルティング)が大きく影響していると思われます。

今回注目したのは、同じような学歴レベルで20代前半に卒業され10年強を経て、年収が2500万円と370万円と6倍近い差が出ているのは何故か、という点です。

例えば、上位5名(年収2500万~1500万円)の方々の特徴は以下の通りです。

学歴は国立大学院工学系3名、国立大学院法学系1名、私立大学学部卒1名

英語力については帰国子女1名、TOEIC990点1名、915点1名、特に資格はないが英語を日常職務で使用している方が2名、全員クロスボーダーの職務についています。

現職は外資系投資ファンド、MA弁護士、外資系投資銀行、外資系資産運用会社、外資系戦略コンサルティングファームになっており、全員プロフェッショナルファームのフロントポジションで、うち4名は外資系です。

職歴は
大学院→日系資産運用会社→(29歳)外資系投資銀行→(33歳)外資系投資ファンド
大学院→MA弁護士事務所(転職経験なし)
大学院→日系証券会社→(28歳)外資系投資銀行
大学院→日系資産運用会社→(31歳)外資系資産運用会社
大学→日系広告代理店→(33歳)外資系戦略コンサルティングファーム

一方、下位5名(年収500万~370万円)の特徴は以下の通りです。

学歴としては私立大学学部卒3名、国立大学院卒1名、私立大学院卒1名

英語についてはTOEIC945点の方1名、他の4名は自己申告になりますが日常会話レベルで業務で英語は使用していませんでした。

職歴は日系製造業3名、日系小売業1名、公務員1名となっており、3名の方が転職自体を経験されていません。

職歴は
大学→日系食品メーカー→(30歳)日系化学系製造業
大学→日系金融機関→(29歳)日系総合電機メーカー
大学→日系小売業(転職経験なし)
大学院→公務員(転職経験なし)
大学院→日系総合電機メーカー(転職経験なし)


単純には推察できないかもしれませんが、一般的にも年収水準が高いと認知されている外資系金融、特に投資銀行、投資ファンド、資産運用会社に入るか、もしくは弁護士資格を取得し、民事系ではなく企業法務、特にM&Aを扱う弁護士事務所に所属することが年収を押し上げている、ということです。もう少し細かくみると、各人は組織に所属はしていますがジェネラリストではなくプロフェッショナル(高い専門性を持った人材)であることが分かります。

これらのプロフェッショナルになるためには、一定の学歴とビジネスで使用できるレベルの英語力、更には会計または法務等の専門知識・スキルを既に取得していることが必要です。

また、上位の5名中4名は当初は日系金融機関、事業会社に入り30歳前後で外資系に転じている、という点も注目すべきことかもしれません。新卒から3~5年程度、基礎的なビジネス経験を積んだのちにキャリアをステップアップさせるタイミングも重要です。1、2年では早すぎるし30代半ばになってしまうと遅いのです。レバレッジが効くタイミングを掴むことも大事になります。

上記のように年収面を軸としてキャリアデザインを考えた場合も、当初から俯瞰的な情報を持って計画的にスキル、資格取得、職業選択を行っていく必要があります。

人の価値観は仕事において、収入、やりがい、興味、ワークライフバランス等のどこを重視するか様々です。社会人としての人生を開始する時点で、多くの人はいろいろな夢、目標を描いていたと思います。10年、20年経って偶然、目標がある程度叶えられたのであればそれは幸運な事でしょう。でも、もし収入面に重きを置いていた人が35歳になった時点で「こんなはずではなかった」と後悔するのであれば、それは残念なことです。

長期的なキャリアデザインには早い段階での情報収集、プランニングが必須なのです。

Backnumber
次へ >>
  • 転職支援サービス お申込みはこちら
  • 無料のキャリア相談、適職紹介の申込みはこちらのフォームから。
  • Mail magazine Antelope Summary Report
  • 最新求人やセミナー情報、コンサルタントのコラムなどをお届け。
  • 分野別求人情報
  • 金融プロフェッショナル
  • コンサルタント
  • 事業会社(マネジメント/M&A関連)
  • 金融業界、コンサル業界、事業会社の各トップページはこちら。
  • Vorkers60日間無料クーポン
  • 入社検討企業のリアルな内部情報がリサーチ可能になります。
  • キャリアコンサルタント一覧
  • 経験・実績ともに豊富な弊社コンサルタントをご紹介します。
  • 転職ケーススタディ
  • 転職前後の職種、年齢などから成功事例をセレクトできます。
  • アンテロープとは?
  • 弊社がどんな思いで転職支援を行っているのかご説明します。
  • 転職先でのスムーズな立上りを支援 スタートアップ・コーチング Alliance with Yanee
  • 新天地での活躍を加速させるコーチングサービスを無料提供。
  • パーソナリティタイプ診断
  • 36個の選択問題に答えるだけで自分がどんなタイプが判明。
  • 論理的思考力 Online Test コンサルティングファーム筆記対策
  • 論理思考力に自信あり? オンラインテストで腕試し。
  • 採用情報
  • 弊社ではともに成長を目指すメンバーを募集しています。