人材紹介会社(エージェント)の選び方について

2020-03-31 text by 前田 雄一郎

皆様は転職活動にあたり、どの様に人材紹介会社をご活用いただいておりますでしょうか。

昨今ではダイレクトリクルーティングも増えてきておりますが、一方、中立的な立場でキャリア形成の支援を行う人材紹介会社というのは、今後も一定程度の価値があると考えており、転職を考えている方にとっては引き続き選択肢のひとつとして考えていただければと思います。

私自身は、日本IBMから三菱東京UFJ銀行、事業会社経営企画責任者、そして経営共創基盤やSalesforceなど、異業種への転職をいくつか経験させていただきました。それを踏まえた上で、転職活動に際してもっとも重要なのは「より多くの情報を得た上で、自身にとって最適な判断を行うこと」だと考えています。そして、そのために私は人材紹介会社を下記の通り3つに区分したうえで活動しておりました。


1)幅広く求人情報をもらえる人材紹介会社
2)信頼できる人材紹介会社
3)エクスクルーシブな求人を持っている人材紹介会社


1)やはり多くの選択肢を持つためには(たとえ担当者が業務内容を正確に把握していなくとも)たくさんの求人を保有している人材紹介会社に、複数社お会いいただくのが良いかと思います。そのことで、業界/マーケットの状況を正確に把握することができますし、下記に記載する2)3)の様な自身にとってより魅力的な人材紹介会社、ポジションに出合うためのベースが出来ます。

2)転職活動をしていく中では、信頼できるいくつかの人材紹介会社を見つけることが非常に重要です。ご自身が志向する業界/企業に関する知識の深さや、転職マーケットにおける客観的な市場価値の査定(ご年齢やタイミングも含め)、あるいは採用企業側に対するアプローチの強さ等、これらはエージェント次第で大きく異なりますし、ご自身のキャリア形成に少なからず影響します。私自身も、セカンドオピニオン的な意味合いも含め2~3社くらいに絞ってお付き合いさせていただきました。

3)一部人材紹介会社については、絶対的な求人数としては多くないものの特定企業との緊密なリレーションがあり、エクスクルーシブなポジションを扱っているケースもあります。こちらについては、いわゆるCxOポジションであったり、新組織の立ち上げであったりと、条件も含めて非常に魅力的なポジションであるのが特徴です。

繰り返しにはなりますが、多忙な中でも可能な範囲でいろいろなエージェントにお会いいただくことをお勧め致します。その上で、ほとんどの求人は複数の人材紹介会社に声がかかっているので2)の信頼できる人材紹介会社からアプライし、エクスクルーシブな案件と出合った場合には3)の人材紹介会社から応募していくことが良い、と私自身は考えておりました。

我々人材紹介業界では、今後1)の様な役割はAI等にとってかわられるでしょう。人を介して紹介する以上は2)3)の様な役割を通じて皆様に介在価値を出してはじめて成り立つビジネスである、と考えております。

私自身も転職活動や業務経験を通じ、成功体験だけでなく失敗談も多くありますが、それらの経験やネットワークも含めて、皆様の人生のご支援出来ればと考えております。

皆様にお会いできることを、心よりお待ちしております。

前田 雄一郎 / Yuichiro Maeda
【経歴】
慶應義塾大学商学部卒。経営共創基盤にて経営コンサルティング、三菱東京UFJ銀行・あおぞら銀行にてM&A(主にバイアウト)及び不動産に係るファイナンス、日本IBM、Salesforceにて大手企業担当営業、日本教育財団(旧学校法人モード学園グループ)及び大手食品メーカーにて経営企画業務を経て、アンテロープキャリアコンサルティングに参画。

【担当領域】
投資ファンド(PE、VC、不動産)、コンサルティングファーム、M&Aアドバイザリー、IT関連企業、事業会社CxOポジション。
転職においては、スキルのみではなく、カルチャーやフィット感も非常に重要な要素となります。自身のコンサルティングやファイナンス、IT企業、事業会社において培った経験やネットワークを最大限に活かし、皆様にとっての最適なキャリアデザインを支援します。