EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング

第3回:国境もチームも越えて最適なソリューションを提供する

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング
(写真左から)パートナー Finance Leader 高見陽一郎、パートナー Supply Chain & Operations Leader 羽柴崇典
PROFILE

(高見)早稲田大学商学部卒業後、大手監査法人にて会計士としてキャリアをスタート。その後、米シリコンバレーに渡りベンチャーキャピタルにてファイナンシャル・コントローラーおよびCFOを務める。帰国後、外資系コンサルティングファームを経て、2010年に新日本監査法人にジョインし、EYアドバイザリー(現EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング)の立ち上げに参画。
(羽柴)早稲田大学商学部卒業後、化学メーカー勤務を経て、IBMに転職しコンサルタントとしてのキャリアをスタート。2012年にEYアドバイザリー(現EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング)に入社し、2014年より現職。

目次
  1. -VCとメーカーからコンサルタントへ転身
  2. -クライアントに対してグローバル一丸でサポートする、という意識
  3. -従来の枠組みからはみ出す案件が増えてきている
  4. -グループ再編成によってカルチャーはより強化された
VCとメーカーからコンサルタントへ転身
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング(EYACC)のインタビュー特集第3回は、ファイナンスチームとサプライチェーンチームそれぞれのヘッドである高見様と羽柴様にご登場いただきます。それぞれが専門性を保ちながらもチームの垣根を越えて協働している現状、それを可能にするEYのカルチャーなどについてお話しいただきました。
まずはお二方のご経歴と、今のEYでの役割などについてお話しいただけますでしょうか。
高見
私は大学卒業後、まずは大手監査法人に入社し、会計士としてキャリアをスタートさせました。IPOを支援する部署に配属されたため、典型的な監査だけでなくアドバイザリー的な仕事にも従事しました。数年後に、アメリカに渡ってシリコンバレーに9年おりました。最初はベンチャーキャピタルのファイナンシャル・コントローラーとして、後半の5年くらいはCFOとして業務にあたりました。帰国して外資系コンサルティングファームの東京オフィスに勤務した後、2010年に新日本監査法人に入り、その年のうちに立ち上がった旧EYアドバイザリーにすぐ転籍しまして、今に至るということになります。
EYACCを立ち上げ期からずっと見てこられたわけですね。当初からファイナンス部門のご担当だったのでしょうか?
高見
私は監査法人では会計監査と株式公開支援に従事していました。その後の、ベンチャーキャピタルではコントローラー、CFOとしてファイナンスに関する業務、マネジメント業務を行ってきました。また、EYに入ってからも一貫してファイナンス領域のコンサルティングを担当しています。2013年ごろからは、アドバイザリーの中のファイナンス部門のリーダーを担当させていただいているという状況です。
VCからコンサルへ、というのはユニークなご経歴だと思いますが、当時のご経験はコンサルティングビジネスにどう活きていますか?
高見
私がシリコンバレーに行ったのは1999年、まだインターネットバブルのころでしたから、活気に溢れていました。まだGoogleが出てくる前の時代です。海外、特にシリコンバレーのような多様性のある場であるからこそ、シンプルに考え、アクションに移す、ということは学んだし、その思考様式・行動様式は活きていると思います。また、CFOという立場を経験することにより、マネジメント視点を養うことは多少なりともできたのではないかと考えています。
ありがとうございます。では続いて羽柴さん、お願いいたします。
羽柴
私は大学を卒業して最初化学メーカーに入りました。そこでサプライチェーン、主に調達業務に従事して、管理職にまでなりましたが、日本企業を取り巻く環境が大きく変わり始めていることをからこのままでは自分のキャリアが行き詰るのではないかと考えてコンサルに転職しました。最初はPwCと統合する前のIBMのコンサルティング事業部に入り、その後独立系のコンサル会社を経て、2012年にEYに入社して、現在までEYに在籍しています。
羽柴さんもご担当はずっとサプライチェーン領域ですか。
羽柴
はい、サプライチェーンにはもう30年以上携わっています。ただ、キャリアの途中では会計システム導入や小売業の店舗後方業務の変革支援なども経験しました。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング

2017年1月のEYジャパンの組織再編に伴い、新日本有限責任監査法人のアドバイザリー事業、EYアドバイザリー、EYフィナンシャル・サービス・アドバイザリーのそれぞれのサービスが集約されて設立された、総合系コンサルティングファーム。グループ内のメンバーファームとの連携をこれまで以上に強化し、高品質なサービスを提供する。

当サイト内のEYアドバイザリー・アンド・コンサルティング 企業情報も、ぜひご覧ください。

関連記事