PwCアドバイザリー

第4回:一筋縄ではいかない事業再生、それは経営そのもの

PwCアドバイザリー
ビジネスリカバリーサービス ディレクター 齋藤 良司
PROFILE

1999年に大学を卒業後、都市銀行に入行。法人営業担当として実績を積み、2004年に実行支援型コンサルティングファームに入社。数々のプロジェクトに関わった後、2007年にPwCアドバイザリーの事業再生部門にジョイン、現在に至る。

目次
  1. -再生案件ではゴールが毎回変わる
  2. -M&A、ビッグデータ分析、グローバルが3つのトレンド
  3. -事業再生の根本は「困っている人を助けること」
事業再生の根本は「困っている人を助けること」
現地オフィスのメンバーの協力をあおいで案件を進める際、日本側の担当者はどういった役割を担うのでしょうか。
齋藤
海外のスタッフは良くも悪くも極めて専門性の高いプロフェッショナルなので、自分の専門・担当から外れた分野については積極的に関与しない、関心を示さないこともあり、総合的な支援や見解を求める日系企業のクライアントのニーズとギャップが生じるケースがあります。例えば1つのレポートを出す時も、各々のパートは品質が高く正しくとも、全体としては整合性が取れていなかったりストーリーが矛盾するようなこともあります。私たちはそこをハンドリングして、最終的に矛盾点がないか、クライアントのニーズに合致しているかという点を見ていきます。要するにお客様と現地スタッフの橋渡しをしているわけですが、これは役職に関係なく求められる作業ですので、ジュニアメンバーにも積極的にリードしてもらっています。
通常のジュニアレベルの範囲を超えた仕事が出来るように思えますね。
齋藤
そこは本人の意欲次第でもあります。当然ある程度の英語力は必要になりますが、意欲さえあれば事業DDの1パートを丸ごと任せたり、現地のレポートのレビューをしてもらったり、先ほどのスコープのすべてに関われます。
最終的にこの案件は、海外から撤退することで完了したわけですね。
齋藤
はい。冒頭に事業再生は都度ゴールを探るというお話をしましたが、実はこの案件も最初に決まっていたのは海外事業の事業性評価レポートを提出する、ということだけで、その先はその場その場で変化していきました。最終的には、現地代理店の方々の税務アドバイスまでPwCが行ったんですよ。というのも、クライアントが海外事業から撤退するとなれば、代理店が会社を畳まざるを得ません。代理店に勤めていた方々の生活にも関わることから、彼らに寄り添ったアドバイスを差し上げました。当然、そんなことは当初のスコープには一言も書かれていないのですが、クライアントの再生を前進させるために、そんな細かく泥臭いところまでも必要であれば私たちはやります。このような事業再生PJに柔軟に対処していけるマインドがある方には、非常に面白い仕事だと思いますが、逆に最初に目標をガチガチに固めてそこに向かって一直線で進んでいくのが好きなタイプの方だと、戸惑ってしまう場面が多いかもしれません。
簡単でないお仕事だとよく分かりますが、コンサル未経験で中途入社された方々はどのようにキャッチアップされていますか?
齋藤
少し前までは100%OJTに依拠していたのですが、最近は新卒社員の採用にも力を入れていることもあって、会社としてジュニアスタッフのOff-JTにも力を入れています。BRSでは事業再生に必要なスキルを明確にしたスキルマップを作成していまして、全スタッフが各項目に対しての習熟度を確認できるようになっています。例えば法務でも「民法、会社法や倒産法等をどこまで理解しているか」といったレベルまでブレークダウンしてあって、そこが足りなければこういった書籍・文献を読もうとか研修を受けよう、外部セミナーに行こうといったフォローアップについて、コーチ担当の上長と話し合います。評価に関しても、このスキルマップがあることでお互いの印象論ではなく建設的なコミュニケーションが取れるようになっていますので、安心して入社いただければと思います。
それでは、BRSへのアプライをお考えの方にメッセージがあればお願いいたします。
齋藤
私自身、新卒で銀行に入りましたが「やっぱりこうじゃない」「分析や評価をするだけではなく、相手企業の改善や成長にダイレクトに寄与したい」というモヤモヤをずっと感じていて、PwCアドバイザリーに転職しました。今では事業再生が、生涯取り組んでいきたい天職だと思っています。PwCアドバイザリーにはそういう人が多く、皆さん前職で一部上場企業の、一般的には「いい会社」に入りそれなりの待遇も得られていたけれど、どこか満たされなかった、という転職理由をよく聞きます。事業再生は、根本的には困っている人を助ける、という「単純に良い仕事」だと思うので、そういう充実感に飢えている方がいれば、ぜひチャレンジしてもらいたいと思います。

ただ最後に一言付け加えると、やはりしんどいのはしんどいです、本当に。コンサルタント、特に事業再生では、若いうちから経営者の方と経営のあり方について話せますというのが皆さんへのアピールポイントにもなっていると思いますが、その一方で、スキルセットもマインドセットも本当にしっかりしていなければ、忙しい経営者の方には面談時間すら取ってもらえません。事業再生は常に真剣勝負ですし、お互い切羽詰っているので絶対に失敗出来ません。時にはハードワークも必要です。それでもご自身のポリシーや根っこの部分がシンプルに「人助けをする」という事業再生の本質に心から共鳴できれば、これほどやりがいのある仕事はないと思っています。
本日はお忙しい中、ありがとうございました。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

PwCアドバイザリー

2016年3月に行われたPwC Japanの組織改編によって誕生した、ディールアドバイザリーのプロフェッショナル集団。M&A戦略立案、エグゼキューション支援、事業再生、フォレンジック、インフラ構築などの幅広いサービスを、総合力を背景とした最適なチーム構成により提供している。

当サイト内のPwCアドバイザリー 企業情報も、ぜひご覧ください。

関連記事