アクセンチュア

第2回:タフでしなやかな、女性コンサルの働き方改革

アクセンチュア
(写真左から)マネジング・ディレクター 二宮 稔恵、マネジング・ディレクター 植野 蘭子、マネジャー 平井 麻祐子
PROFILE

(二宮)大学卒業後、大手通信企業に入社。主にネット系の事業企画を手掛ける。に入社。結婚後、夫の海外留学をきっかけに退職。現地でMBAを取得し、帰国後にボストン・コンサルティング・グループに入社、コンサルタントとしてのキャリアを踏み出す。その後、外資系IT企業での事業開発を経て2017年にアクセンチュアにジョイン。一児の母。

(植野)大学卒業後、大手自動車メーカーに入社し人事関連業務を担当。結婚後、夫の海外赴任をきっかけに退職し一度家庭に入る。コンサルへのキャリアチェンジを志し、2006年アクセンチュアに入社。製造、通信、金融など幅広い業界のクライアントに対する人事組織戦略、リーダーシップ開発、事業戦略、M&A支援などのコンサルティングを手掛ける。2度の出産を経て、2017年より現職。

(平井)大学院卒業後、EYアドバイザリー(現EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング)に入社、コンサルタントとしてのキャリアをスタートさせる。2016年にアクセンチュアへ転職してからも数多くのプロジェクトに携わり、2017年マネジャーに昇格。

目次
  1. -妊娠8カ月でMDとして入社
  2. -“かけた時間”ではない価値の出し方を模索
  3. -同じ職位の男性と比べない。自分は自分
“かけた時間”ではない価値の出し方を模索
ありがとうございます。では平井さん、いかがでしょうか。
平井
私は新卒でBig4系のコンサルティング会社に入りまして、3年ほど勤めた後にアクセンチュアに転職しました。そのきっかけというのが、秦純子さんというアクセンチュアの女性MDの方に誘っていただいたことなんです。「あなたがMDになるのを見届けるまで、私は辞めないから」とまでおっしゃっていただいて、こんなに心強いMDがいて、出産して育児をしながら働いている女性もたくさんいるなら大丈夫、と思いアクセンチュアへの入社を決めました。
お話をうかがっていると、女性プロフェッショナル同士には男性にはない連帯を感じますね。
植野
私自身、女性の先輩方にはとても助けられてきました。同じチームにいるわけではないのにすごくよく見てくれていて、苦しんでいる時に何気なく声をかけていただいたり。そういう女性ならではの気遣いは大きな力になりました。
皆さん結婚や出産といったライフイベントを経験しながら今のお立場にいらっしゃるわけですが、そうした節目でどんなことを考えていたのかをお聞きしていきたいと思います。例えば植野さん、2人目のお子さんを出産された時はどんな気持ちだったのでしょうか。再び前線を離れるということに、不安はありませんでしたか?
植野
1人目の時もそうだったんですけど、なるようになるんじゃないかな、と(一同笑)。人間出来ることと出来ないことがあるので、出来なかったらどうしようと考えている時間があったら、とりあえずやってみようというタイプなんです。とはいえ、確かに当時は1人目を産んで戻ってきて次第に波に乗ってきたところだったので、そこでまた産休となると周りにどう受け止められるかな、とは思っていました。でも、おめでとうと言ってくれる上司や仲間がいて、すごくポジティブな気持ちになったんですね。それでまた産休を取って、同じチームに戻ってきました。

二宮
私がいいなと思うのが、アクセンチュアは女性MDの数、特にママMDの数が他のファームと比べて飛び抜けて多いということなんです。すなわち、会社側が女性の様々な休職、復職のパターンを経験しているので一々おたおたしないというか、個々の案件に動揺しないんですね。よくあると思うのが、男性側が気を遣いすぎて逆に過保護になってしまうケースですが、復帰してくる女性は仕事がしたくて戻ってくるのであって、特別扱いして違うキャリアトラックに乗せられたいとは思っていないんです。一方で、現実には時間的制約などそれまでと同じような働き方が出来ないこともやはりあるので、その狭間で揺れていて、最終的に辞めてしまう人を何人も見てきましたので、ママMDネットワークは大変頼りになっています。
二宮さんご自身は今、どのように家庭と仕事を両立されているんですか。
二宮
試行錯誤ですが、ある程度時間をきっちり決めてやれる範囲で頑張ってみよう、ということを部門ヘッドに言っていただいています。事業会社と違って、コンサルティングファームの良さは働き方にフレキシビリティがあるという事だと思います。就業時間にずっとオフィスの机に座っているという仕事の仕方ではありませんので、Web会議などのテクノロジーやツールをフル活用しています。実際、資料を送ってもらえれば夜中に子供の授乳で起きた時についでにチェックしたりもできますので、一緒に働いている方にずっとスタンバイいただく必要がないようにしています。
さらっとおっしゃっていますが、大変ですよね(笑)。クライアントとのミーティングなどはどうしてらっしゃいますか?
二宮
ほとんどの場合9時5時の間で調整いただけていますし、どうしても役員の方と遅い時間に打合せがあるような場合には、夫に保育園に行ってもらうこともあります。毎日では難しいですが、週に数回であればお互いにやりくりできるので、当面はこの形でやってみて、はみ出る部分があったら都度対応という感じですね。これがベストな方法とは言い切れませんが、アクセンチュアが会社全体としてもどうしたらより良く働けるかを考えてくれている、それが大事かなと思っています。やってみてダメだったらまた考えよう、その1歩1歩が組織としての働き方の学びになっていくのだと思います。
そういう環境では、働く女性の側にもプロフェッショナリズムがいりますよね。周りの協力への応え方というか。
植野
子供を産んでから、かけた時間ではない価値の出し方ということをすごく考えるようになりました。私も以前は、無制限に時間を使って仕事に没頭するタイプだったのですが、マネジャーになって1人目を出産する時に、そういう働き方はもう出来なくなった、じゃあどうしようということを深く考えるタイミングがあったんですね。クライアントへ価値を出すのがもちろん最重要事項ですが、そのためにチームマネジメントに関してやり方を変えなければいけなかった。それが今の自分の礎になっているというか、レベルアップする機会だったのかなと思っています。
具体的にはどんな工夫をしたんですか。
植野
もともとのマイクロマネジメント的な手法を捨てて、最初は思い切ってメンバーに任せてみたんですね。みんなよく考えてくれるようになったし、やりがいも向上して成長している…ように見えていたのですが、そのうちメンバーが疲弊してきたのが分かりました。たとえば、奥さんの誕生日だったはずのメンバーが、深夜まで資料を作成していたり。その状況を見て、私だけがワークライフバランスをとれていても仕方ない、チーム全体が働きやすくならなければ、ということに遅ればせながら気付きました。その失敗の上で、現在は集中して時間を使う部分と任せる部分を使い分けるスタイルになっています。

戦略コンサルティングは特にそうだと思うのですが、最初に立てる仮説のクオリティが非常に重要です。ですので、提案とプロジェクトのキックオフのフェーズには時間も人材もふんだんに投入して質の高い仮説を立てるということを意識しています。そうすると、その芯となるシナリオが、プロジェクトが開始してからみんなが走る土台になるので、プロジェクトがぐらつかないんです。まだ完璧な状態とは言えませんが、これからもこのモデルをどんどん発展させていきたいと思っています。
平井さんは今後のキャリアについて、どんな姿を思い描いているのでしょうか。
平井
基本的にはコンサルティングの仕事がとても好きなので、ずっと続けたいと思ってます。私は今ちょうど、オーストラリアのチームとともにコンサルティングの新しいアプローチのパイロットプロジェクトに参画しています。オーストラリア側のチームにも女性が多く、短時間でより生産性高く価値を出すことを志向するチームなので、日本のチームも同じように働けるように試行錯誤しています。アクセンチュアのいいところは、こうした改革の姿勢を自分たちにも適応していく文化が根付いているところだと思っていまして、こういう風土があるから自分のやりたいことをいつでもサポートしてくれるし、やらせてもらえるような環境が生まれるのだと思っています。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

アクセンチュア

53カ国200都市以上の拠点に44.2万人を超える従業員が働く、世界最大級のコンサルティングファーム。日本では1995年に拠点を設立。2001年にアクセンチュアへ社名変更し、現在は9500人以上が所属する国内最大級のファームへと成長した。多くのブルーチップ企業、政府/公共機関に対して「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供している。

当サイト内のアクセンチュア 企業情報も、ぜひご覧ください。

関連記事