インテグラル

第4回:自分がどういう人間なのかを試される、それがファンドの醍醐味

インテグラル
愛場 啓介 Keisuke Aiba ヴァイスプレジデント
PROFILE

2007年に米ミシガン大学を卒業後、帰国してクレディ・スイス証券に入社し、M&Aや資金調達等の投資銀行業務に従事。2012年にラザードフレールに移り、自動車や産業機械等のインダストリーにおけるファイナンシャルアドバイザリー業務を手掛ける。2015年にインテグラルに入社以降、イトキンやキュービーネットHD(以下、QBハウス)等を担当し現在に至る。

目次
  1. -買収後のバリューアップにまで関わってこそ本当のM&Aのプロ
  2. -社内の風向きが変わり投資後3年で黒字化
  3. -インテグラルは投資先とのIPOの約束を守った
  4. -投資検討・実行からバリューアップまでとことん関われるかが大切
投資検討・実行からバリューアップまでとことん関われるかが大切
愛場さんはイトキンで投資検討からバリューアップまで、QBハウスではIPOでのエグジットを手掛けられたということで、案件は違えども投資の最初から最後まで経験されたということになります。3年半の在籍期間でここまで出来るのは、数あるファンドの中でも珍しいのではないでしょうか。
愛場
私個人がファンドへの転職を考えていた時に、投資実行を多く出来ているか、投資経験を積めそうかという基準がありました。例え著名なグローバルファンドであっても、何年も在籍しているのに、ずっと投資検討ばかりで実行は1件もしていません、ということでは成長も限られてしまうと考えていました。インテグラルは当時から順調に投資が出来ていましたので、その点で魅力がありました。通常の場合、投資検討を数多く行い、その内のほんの一部が投資実行やExitに至る場合が多いのですが、実は私は、入社してから4つしかアサインメントを受けていません。まず入社日にアサインされたファイベスト(光電子部品の開発・製造販売。現MACOM Japan)という1号ファンド投資先のイグジット、もうひとつは投資検討だけでしたが、あとはイトキンとQBハウスですね。特に私の場合はこれまで事業会社での経験もなく、投資先でビジネスの最前線に立ちたいと考えていましたので、当社のパートナーとも相談した結果、イトキンとQBハウスに集中的に取り組むことができました。投資検討・実行からバリューアップまでとことん関われるインテグラルを選んで良かったと思います。
中身の濃い経験を積んでこられたわけですが、ファンドでの仕事のやりがいをどう感じていますか。
(写真注)手元に置いてあるのは、販路拡大に取り組み中のエミリオロバ(イトキン内ブランド)のアートフラワー

愛場
これはファンドにもよると思いますが、やはりビジネスというものの本質に触れたい、そこで働いている人たちと一緒に汗をかきながらその会社を良くしたい、という思いがある方にとって、特に当社のようなハンズオン型のファンドは非常に刺激的で面白いと思います。その中でもインテグラルはまさに、現場の最前線に行ってこい、その会社にとって良いことがインテグラルにとっても良いことだ、と考えてくれる会社ですので、そこにやりがいを一番感じます。また、株主という立場で常駐をしていますと、特に最初のうちは色眼鏡で見られがちですし、そこで「お前はどういう人間なんだ」というのが試される、それを肌で感じる機会が多くあります。そうした状況を少しずつクリアしていくというのが、一つひとつは小さな達成感かもしれませんが、他の職業ではなかなか味わえない経験ではないかなと、個人的に思います。
この記事はファンドへの転職を検討されている方に向けたものになりますが、愛場さんとしてはどんな方と一緒に仕事していきたいと思いますか。
愛場
ハードスキルとマインドセットの2つの要素があると思います。ハードスキルに関しては、最初からすべてを有している人間はいませんし、私自身もビジネスを評価する知識や経験、リーダーシップ等は不足していたと思います。しかし、一方で当初から定量的な分析スキルやM&Aに関する経験は相当程度あったと考えています。そのことから、入社時点でも何かエッジがないといけない、というのは事実だと思います。未経験の方も歓迎とは言いつつ、何もできない状態でいいかというとそうではなくて、ひとつでもいいので「ここは人に負けない」という強みがあり、それを軸にして他のスキルを吸収していくというイメージが近いと思います。

マインドセットについては、強い信念を持って全力で行動できる方ではないでしょうか。投資検討時でも常駐している時も、やはり簡単ではない場面が多々あります。そういった時に同じチームのメンバーが「この投資を実現させるんだ」、「この投資先を絶対良くするんだ」と文字通り寝る間も惜しんで出来ることをすべてやろうと全身全霊で取組んでいる姿勢を見ると、自分自身ももう一度気合を入れ直して頑張れる、ということがありました。当然、難しい局面にある会社を立て直そうとしているのですから簡単にはいかないのですが、その時に「このメンバーとなら全力で頑張れる」と思えるような、パッションがある方と働きたいと思います。
本日はお忙しい中、ありがとうございました。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

インテグラル

投資先経営陣とハートのある信頼関係を構築することを最重視し、長期的視野に立った投資を行うことで日本企業の改革と発展を促進する独立系PEファンド。投資後は『経営と同じ目線・時間軸』をもって投資先企業とともに歩み、企業価値向上に向けて経営・財務の両面でのサポートを行う。これまでにスカイマーク、アデランス、イトキン、QBハウスなどへの投資実績がある。

当サイト内のインテグラル 企業情報も、ぜひご覧ください。

関連記事