ライズ・コンサルティング・グループ

第1回:自身と会社の成長がリンクしているチャレンジングな環境

ライズ・コンサルティング・グループ
逢坂 瞬 マネージャー
PROFILE

高校卒業後、約2年の事業経営を経て早稲田大学商学部に入学。大学時代にも学生起業家としてビジネスを運営し、2016年に新卒でデロイトトーマツコンサルティングに入社。日本法人内で初となるRPAチームを立ち上げるなど、特にニューテクノロジー領域でのコンサルティング業務に従事。2018年よりライズ・コンサルティング・グループに参画。

目次
  1. -コンサルタントとしての幅を広げるため、大手ファームから転職
  2. -何気ない雑談からベストな提案のヒントを探る
  3. -自分の範囲に収まるのではなく、未知の分野へのチャレンジが評価される
何気ない雑談からベストな提案のヒントを探る
現在、社内ではどのようなチームに所属されているのでしょうか。
逢坂
当社は、いわゆるインダストリーとコンピテンシーの2つの軸でユニットが分かれているという大手ファームのような組織形態をとっておらず、文字通りワンチームとして業務にあたります。そのため、自分がどこに所属しているかということをあまり意識せず、ある案件では戦略立案に関わり、別の案件では業務プロセス改革、というように、その時々でメンバー構成は変わりながらも、あくまでプロジェクト単位でチームを組むという形になります。
大手ファームとの違いとしてもうひとつ、完全常駐スタイルという点があると思いますが、こちらについてはどのようにお考えですか?
逢坂
当社の理念として、目に見える成果の実現にこだわっているということが常駐スタイルの背景にあります。今の時代、情報は氾濫しているのでそれそのものには価値がなく、情報から生み出されたアイデアや戦略をいかに実行して成果に結びつけるかということが求められていると思います。週1回とか2回の打ち合わせベースだと、どうしても対面で顔が見える方が限られてしまうので、実行を見据えた時に現場視点が欠けてしまいがちです。それに対して、常駐というスタイルでは経営層の方々が見えているものと、それを実行していく現場の方とのギャップが見えてくるので、サポートする我々が拾うべき情報がしっかり把握できるというメリットがあります。また、現場の方がなかなか上長に不満や悩みを直接ぶつけるのが難しい場合に、我々が緩衝材となって意見を伝えられるという側面もあり、現場の方から感謝されるようなこともあります。
コンサルタントが現場に入っていくと、どうしても外様というかよそ者という扱いを受けることもあるかと思いますが、どう対処していますか?
ライズコンサルティング逢坂様インタビューカット2
逢坂
コンサルタントという肩書をいい意味で外すこと、いかに現場の方々と同じ目線でしっかりコミュニケーションをとれるか、というところを特に心掛けています。分かりやすく言うと、私自身は雑談を意外と重視しています。やはり会議の場になると皆さん時間を効率的に使おうとするので、議題に沿って言葉を選びながら話されることが多くなります。そのため、伝わってくるのはもちろん事実であるものの、その周辺の本音や不安など人らしい部分が見えなくなります。常駐スタイルをとっている我々は、現場の方々と座席も隣り合っているので、昼休憩やハードな打ち合わせがあった後などにちょっとした雑談をすると、その中でポロっと本音がこぼれたりすることがあります。そういった情報もしっかり得て、理想を振りかざすのではなく実現性を担保しながらベストな提案をしていく、ということを意識しています。
雑談の中では、例えばどんなお話で空気を和ませているのでしょうか。
逢坂
我々自身もこれまでのプロジェクトで苦労した話はたくさんありますので、それを包み隠さずお話しすることはありますね。成功体験だけ聞かされても、受け手の方は「我々はそれとは違うんだよ」と距離を取ってしまうと思うので、リアルな経験を率直に語るようにしています。そうすると、向こうから「それはどうやって乗り切ったんですか」と聞かれることもありますし、「実はうちにも同じような悩みがあって」と告白されることもあります。本当にささいな雑談ではありますが、最終的にはその会社が抱えている課題をどう乗り越えていくかという議論につながるようなコミュニケーションになっていることが大事かなと思います。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

ライズ・コンサルティング・グループ

2012年に設立された、気鋭の独立系コンサルティングファーム。常駐ハンズオンスタイルで、クライアントに単なるレポートを超えたリアリティのある課題解決策とその実行を提供している。「Produce Next(次の未来を創造する)」をミッションとして掲げ、ニューテクノロジーを活用したデジタルトランスフォーメーションをはじめとする幅広いテーマに対し、臨機応変な姿勢でコンサルティングを行っている。

当サイト内のライズ・コンサルティング・グループ 企業情報も、ぜひご覧ください。

求人検索

絞り込み検索

業務内容

年収

こだわり条件

キャリアレベル

雇用形態

  • 金融機関/金融プロフェッショナル
    選択中
  • コンサルティングファーム
    選択中
  • スタートアップ/ベンチャー企業
    選択中
  • 事業会社(マネジメント/M&A関連)
    選択中
フリーワードから求人を探す

関連記事

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。