転職成功体験記「大手地方銀行からM&A仲介会社へ」

大手地方銀行の法人営業から、M&A仲介会社のM&Aコンサルタントへ転職されたS・Oさん(20代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。アンテロープをお選びいただいた理由やご本人からのメッセージも、あわせてご紹介いたします。

S・Oさん(20代/男性)公立大学卒
BEFORE
[法人営業]大手地方銀行
AFTER
[M&Aコンサルタント]M&A仲介会社

S・Oさんは地方公立大学を卒業した後、地元の大手地方銀行に入行。リテール営業、法人営業のいずれにおいても行内トップの成績を収めていましたが、社内異動の打診を受けたことをきっかけにアンテロープに登録。大きく成長しているM&A仲介会社のコンサルタントに転職されました。

担当コンサルタント:林

前職までのご経歴と、転職の背景にあった思いなどについて教えてください。

S・Oさん

前職は地方銀行に新卒から約4年勤務し、リテール業務や法人融資を担当しました。M&A業界に転職を志すきっかけは2つあります。ひとつは、担当先企業の社長様からM&Aにおける企業買収の相談を受けた際、銀行としても自分自身としても力になれず、悔しい思いをした経験。もうひとつは、結婚をきっかけに、男として家族に経済的負担を掛けさせたくないという気持ちを持った事です。

担当コンサルタント:林

転職活動にアンテロープをご利用いただいた理由は?

S・Oさん

さまざまな転職エージェントに相談させていただく機会がありましたが、M&A業界に知見のあるエージェントの方と巡り会えない中、アンテロープの林さんに出会いました。同じ金融業界出身ということでより親身なアドバイスをいただけたこともありますが、何よりもこちらからの問い合わせに対して、レスポンスが早かったことが決め手になりました。

担当コンサルタント:林

アンテロープのサービスで役立ったのはどんな部分だったでしょうか。

S・Oさん

働きながらの転職活動は動ける時間が限られていることもあり、スピード感のある対応は非常にありがたかったですね。こちらからの急な相談や質問等にも臨機応変に対応してくれましたし、面接を受ける際には過去事例やナレッジを共有していただき非常に助かりました。

担当コンサルタント:林

ご入社してみて、どんな感想をお持ちでしょうか。

S・Oさん

入社して約1カ月、まだ研修の日々ですが非常に充実しています。この会社はナレッジ共有の文化が強く、OJTの体制が整っており成長が実感出来ています。求められるレベルも高いため、設定されているハードルを飛び越えた時の充実感は高いですし、早く現場に出て、実戦を経験したいと思っています。

S・Oさんからのメッセージ

M&A業界は、各業界のトップセールスなどハイエンドなビジネスマンが集まる業界です。 そこに身を置くだけで、強制的に成長出来る様な環境だと感じますが、求められるレベルも非常に高いです。ビジネスマンとして突き抜けたい、成長させたい、という想いがある方には本当にオススメします。

この事例を担当したのは、
弊社コンサルタントの林徹です

林 徹/ Hayashi Toru
【経歴】
大阪市立大学法学部卒。新卒で三井住友銀行へ入行し法人営業や大企業取引、SMBC日興証券人事部への出向等、幅広く業務を経験。その後、外資系生命保険会社へ転職し、個人・法人へのコンサルティング業務に従事。10年超にわたる銀行、証券、保険会社での業務経験を生かして一人でも多くの方々の決断をサポートし、豊かなキャリアを送るきっかけを作りたいと考え、アンテロープに参画。

【担当領域/実績】
アセットマネジメント、銀行・証券のセカンダリー/投資銀行部門などを担当。金融機関における幅広い業務経験と人事経験をもとに、金融機関勤務の方々のキャリア支援やアドバイスに強みを持つ。