スタートアップ/ベンチャー企業の転職・求人

AIの転職・中途採用求人情報

10件中 / 1~10件を表示

  1. 1
  2. 1
  • 社名非公開:人工知能に関する自社プロダクトとコンサルティングを提供する有力ベンチャー

    企業の特徴
    人工知能に関する自社プロダクトとコンサルティングを提供。
    ディープラーニングをベースにした人工知能エンジンを全て自社開発。
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:内視鏡の画像診断支援AIを開発する医療スタートアップ企業

    企業の特徴
    日本内視鏡専門医の英知を集めたAI(人工知能)を開発し、世界の内視鏡医療の発展に貢献する医療スタートアップ企業
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:将来のユニコーン企業候補 AI×IoT自社プロダクツで企業の経営・人事課題を解決

    企業の特徴
    AI開発などを中心に据え、HRTechおよび、Innovation Tach プロダクツを自社開発する企業。2020年までのIPOを視野に入れている。また、2018年経済産業省主催J-Startup(将来のユニコーン企業候補)に選出されている。メンバーはゴールドマンサックス、マッキンゼー、BCG、Googleなどさまざまな業界のスペシャリストが集まる。
    従業員数
    101-500名
  • 社名非公開:世界中のエネルギー市場に最先端のEnergyTechを

    企業の特徴
    AIやBigDataなどを活用し、世界中のエネルギー市場に最先端のテクノロジーを提供するEnergyTech(エナジーテック)企業
    従業員数
    1-50名
  • 社名非公開:AIとビッグデータ技術を活用した金融機関向けプロダクトを開発する有望ベンチャー

    企業の特徴
    経済産業省がネクストユニコーン企業として選出した92社のうちの1社。
    深層学習(ディープラーニング)などのAI技術ならびに、ビッグデータ解析や金融向けデータ・ストレージなどの技術に強みを持つ。金融機関におけるトレーディング業務をAIによって自動化したプロダクトを提供する。
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:将来のユニコーン企業と目されるAIテクノロジー企業

    企業の特徴
    2017年日本経済新聞社の調査にて2000億円を超える企業価値と報道されたユニコーン企業と目される期待のAIテクノロジー企業。
    事業内容としては交通システム、製造業、バイオヘルスケアの3つの重点事業領域をコアにしてAIを活用した技術開発を行っている。交通システム分野では、2014年10月より大手自動車メーカーと自動運転およびコネクテッドカーに関する研究開発をおこなっている。製造業の分野では、大手製造メーカーとロボティクスや工作機械への応用(物体認識・制御・異常検地・最適化技術)研究を行う。バイオヘルスケア領域では、国立の某研究所と医用画像の解析、血液によるガンの早期診断技術を共同研究しており、早期の実用化を目指している。
    従業員数
    101-500名
  • 社名非公開:次世代英会話アプリの開発、運用

    企業の特徴
    音声認識や対話処理技術を活用し、英会話の実践から英語力測定までを実現したAI 英会話アプリの開発・運営を行う
    従業員数
    1-50名
  • 社名非公開:映像解析ソリューションカンパニー

    企業の特徴
    最先端の映像解析AIを誰でも簡単に使えるIoTプラットフォームを開発・提供している。
    従業員数
    1-50名
  • 社名非公開:AIを活用した不動産流通ポータルサービスの開発運営

    企業の特徴
    ユーザーのこだわりにマッチする不動産物件とリノベーションの組み合わせプランを人工知能が提案するアプリを開発運営。これまで不動産売買において生じていたロスや課題をテクノロジーで解決していく。
    従業員数
    101-500名
  • 社名非公開:未来のソフトウェアを形にするアルゴリズムコンサルティングファーム

    企業の特徴
    2013年創業、2017年マザーズ上場、すでに1000億円以上の時価総額を誇っているベンチャー企業。
    クライアントとその顧客との関係を新しくするアルゴリズムソリューションを展開。 特に、自然言語処理、画像認識、機械学習/深層学習技術を用いたアルゴリズムソリューションを 各種ハードウエア端末(サーバ、スマートフォン、医療機器、各種IoT機器)向けに開発・提供している。
    従業員数
    51-100名

10件中 / 1~10件を表示

  1. 1
  2. 1