金融機関/金融プロフェッショナルの転職・求人

ベンチャーキャピタル(VC) 26社の転職・中途採用求人情報

26件中 / 1~10件を表示

  • 社名非公開:世界最大級の外資系アクセラレーター&ベンチャー投資企業

    企業の特徴
    革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを大手企業とともに支援していく世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーター。2006年アメリカでの創業以来、多数のユニコーン企業を輩出しており、支援先企業は2,000社以上、資金調達総額は60億ドルを超える。2019年より日本での投資事業を開始。
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:AIテクノロジー企業と大手証券会社が合同で設立するVC

    企業の特徴
    現在パートナー1名体制、ファンド管理やファンド組成の資金調達は大手証券会社が行うため、純粋に投資業務を行える環境。デジタル・テクノロジー領域に特化して投資を行う。また、シリコンバレーやイスラエルにもネットワークを持ち、30%ほどの海外投資も行っていく。
    従業員数
    1-50名
  • 社名非公開:ITを活用し問題解決型のスタートアップに積極的な支援を行うハンズオン型VC

    企業の特徴
    事業シナジーを主目的とする通常のCVCとは異なり、純粋なリターンを追う。
    投資先の成長にコミットし深く関わっていくハンズオン型VC。
    日本を中心とした、東アジア及び東南アジアのインターネット・モバイル関連におけるベンチャー企業に対して、経営戦略からアクションプラン策定まで、企業の成長ステージに応じた支援を行っている。
    投資ステージは起業したばかりのシード、アーリーステージが中心で、親会社がもつ海外ネットワークの提供も行う。
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:日本・アメリカ・インド・インドネシアなど海外投資を中心としたSaaS /Fintech領域で著名なVC

    企業の特徴
    代表は一部上場企業創業者。創業当初よりマーケットの多いインド・インドネシアへの投資に注力する。現在はのべ120社以上に投資している。投資領域はSaaS、フィンテック、プラットホーム、決済など。シリコンバレーでもっとも影響力のあるセコイアキャピタルに既存投資先の出資をお願いすることも多く、その目利き力やハンズオン支援体制には定評がある。若手MDは2016年Forbes Asia選出のアジア地域での30歳以下キャピタリスト ベスト30の中に入る注目の人材。
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:研究と実践を通じ、新産業を創出することにより社会に貢献するベンチャービルダー

    企業の特徴
    一般的なVCとは異なり、短期的なExit、上場直後の株式売却に注力しておらず、 10年で1,000億の企業価値に達しうる産業への長期投資・ハンズオン支援を志向している。それゆえ、単に事業資金を捻出するのではなく、長期的な起業家のパートナーとして、共により良い経営を考え実践している。
    従業員数
    1-50名
  • 社名非公開:国内最大手のベンチャーキャピタル

    企業の特徴
    大手ベンチャーキャピタル。日本のベンチャーを中心に、米国・アジアのベンチャーから国内企業再生まで投資活動は広範囲に渡る。企業再生ファンドも設立。
    従業員数
    101-500名
  • 社名非公開:インターネット領域ならびにテクノロジー系大学発ベンチャーを支援する独立系ベンチャーキャピタル

    企業の特徴
    シード期に株式10~15%を保有し、リードインベスターとして投資先事業にコミットする独立系VC.。追加投資も行い、最終的な株式保有率を25%程度にするイメージで投資を実行。ファンド内に法務や知財、組織、PR・マーケティングといった事業・企業構築に必要なノウハウを持つチームを組成し、出資先企業へのフォローオンを重視。現在4号ファンド組成準備中。
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:経営者との真のパートナーシップを目指すハンズオン型ベンチャーキャピタル

    企業の特徴
    経営に深く関わり、ベンチャー企業の成長にコミットすることに徹底的にこだわったハンズオン型ベンチャーキャピタル。ベンチャー企業1社ごとに異なる「今、足りていないところ」を経営者ひとりひとりと向き合って注意深く聞き、発見し、経営・営業戦略、資金調達、技術の事業化、人材採用、株式公開など幅広いメニューの中から、最適な支援をタイムリーに提供することで、経営者のよきパートナーであることを目指す。
    従業員数
    1-50名
  • 社名非公開:大手一部上場企業インターネット企業から派生したベンチャーキャピタル

    企業の特徴
    日本・シンガポール・アメリカに拠点を持ち、120を越えるアジア&アメリカのベンチャー企業に投資をしている老舗ベンチャーキャピタル。
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:次世代産業への投資を行うベンチャーキャピタル

    企業の特徴
    次世代技術を有するスタートアップ企業を対象とした投資ファンドを運営。
    投資対象はAI、IoT、ブロックチェーン、AR/VR、バイオの5分野に注力。これらの分野における国内外の有力なスタートアップ企業への投資を実行。
    特に米国のベンチャー企業への投資がメイン。
    また、オープンイノベーション方式で研究開発を行うLabを運営し、多様化するスタートアップシーンを的確に把握し最先端の技術動向を理解した上で、それぞれの分野における優良なスタートアップ企業を峻別して投資することを特徴にしている。
    従業員数
    非表示

26件中 / 1~10件を表示