金融機関/金融プロフェッショナルの転職・求人

投資ファンド/プライベートエクイティ(PE) 54社の転職・中途採用求人情報

54件中 / 1~10件を表示

  • 社名非公開:創造の精神で経営と同じ目線を持った成長投資ファンド

    企業の特徴
    元々ベンチャーキャピタルを母体として、そこからバイアウト投資へ広がり、現在は積極的に投資中の成長ファンド。
    従業員数
    1-50名
  • 社名非公開:米国拠点の日本株式投資会社

    企業の特徴
    2001年に創業された日本企業向け投資ファンド(ファンドの組成は2003年)。フレンドリーなアクティビストファンドに分類される。企業内容は良いが、マーケットで正当に評価されていない企業、もしくはバリューが引き出されていない企業が多く存在すると認識しており、それらの企業の友好的な株主になることにより、それらの企業価値向上に助言をし、株式価値をあげることを目的としているファンドとなる。
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:中小企業支援を目的とし、中期的な経営支援を通じた企業・株主価値の向上を目指すファンド

    企業の特徴
    元外資大手PEファンドメンバーらで立ち上げられたミッドキャップファンド。Goodな会社をExcellentにするという投資を行う。
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:プライベートエクイティファンド

    企業の特徴
    欧州最大のブランド企業の投資会社であったプライベートエクイティが2016年、同じく米国最大のブランド企業向け投資会社とのパートナーシップにより再始動。5大陸に17のオフィスを構え、BtoCブランドを扱う投資会社としては世界最大規模のプライベートエクイティ。
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:財閥系グループ企業を主要株主として設立された新鋭日系PEファンド

    企業の特徴
    ハンズオン支援による国内中堅企業のバリューアップを通じて、日本経済全体の発展に寄与することをミッションに掲げ、明確な投資方針の下、設立以来積極的な投資を行っている。業界経験豊富な経営陣に加え、若手にも多くの成長機会を与える優良企業。
    従業員数
    1-50名
  • 社名非公開:世界トップクラスのプライベートエクイティファンド

    企業の特徴
    リーマン・ブラザーズ投資銀行部門出身者2名によって1985年に設立。事業はプライベート・エクイティ投資、不動産投資、ヘッジファンドを含むオルタナティブ・アセット・マネジメント及び財務アドバイザリーの4部門に分かれている。従業員はグローバルで約1600名。運用総額は日本円で30兆円を超えている。2007年にニューヨーク証券取引所に上場している。ニューヨーク、アトランタ、ボストン、シカゴ、ダラス、ヒューストン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、メンローパーク、ロンドン、ダブリン、デュッセルドルフ、フランクフルト、パリ、マドリッド、イスタンブール、ドバイ、ムンバイ、北京、上海、香港、シンガポール、ソウル、シドニー、東京に事務所を構えている。
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:事業再編、再生投資にフォーカスしたプライベート・エクイティ投資会社

    企業の特徴
    産業再生をも視野に入れた事業の再編・再生をサポートし、企業価値やグローバルな競争力向上に繋がる具体的なソリューションの提供を通した日本経済再生への貢献という企業理念のもと、投資活動及び企業の価値向上に取り組んでいるプライベートエクイティファンドの運営会社です。
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:総合商社の金融事業の一翼を担うプライベートエクイティ

    企業の特徴
    バイアウト、ベンチャーキャピタル、ストラクチャードファイナンスなど様々な投資事業を展開しているPEファーム。総合商社の金融事業の一翼を担う会社として設立された。親会社の持つグローバルネットワークと、多肢にわたる投資ノウハウ・情報力を駆使し、ハンズオン形式のサポートにより投資先の企業価値向上に取り組んでいる。当初はベンチャー投資を中核事業とし、起業独立や成長支援投資ではパイオニア的存在となったが、現在はバイアウト投資を中心としている。
    従業員数
    1-50名
  • 社名非公開:MBO投資事業を中心に手がけるプライベート・エクイティ投資会社

    企業の特徴
    MBO投資事業を中心に手がけるプライベート・エクイティ投資会社
    従業員数
    1-50名
  • 社名非公開:プライベートエクイティファンド

    企業の特徴
    2012年10月に立ち上がったバイアウト・ファンド。1号ファンドは約80億円、2号ファンドは300億円弱、現在17社に投資済み。事業承継、子会社分離、事業拡大、業績改善、内部統制強化といったニーズに応えられるよう少数株主に留まる場合から100%株式を購入する場合まで柔軟に対応している。
    従業員数
    非表示

54件中 / 1~10件を表示