金融機関/金融プロフェッショナルの転職・求人

不動産金融/不動産ファンド 34社の転職・中途採用求人情報

34件中 / 1~10件を表示

  • 社名非公開:日本を代表する総合不動産グループ私募ファンド運用会社

    企業の特徴
    日本を代表する総合不動産グループの一員としてグループの投資家サポート機能を担当する、投資用不動産のアセットマネジメント会社。日本の不動産投資事業の先駆けであり、2014年3月末時点におけるアセットマネジメント受託残高は1兆2,360億円。事業スキームとしてはGK-TKスキーム(合名会社を設立して資産保有の器とする)、TMKスキーム(特定目的会社を設立して資産保有の器とする)、RIETスキーム(RIETを資産運用の保有主体とする)のいずれかを採用する。
    従業員数
    51-100名
  • 社名非公開:プライベートエクイティ及びヘッジファンドをグローバルで展開する外資系投資ファンド

    企業の特徴
    1998年に創業した世界最大級のヘッジファンド運用会社の日本支社。ヘッジファンドだけでなくプライベートエクイティファンドの運用、アセットマネジメントも行っている。本拠地はニューヨークだが日系最大手証券会社との関わりが深く社外取締役として名を連ねている。日本支社の設立は2006年。リスクが低いストラクチャード・ファイナンス取引によって投資対象企業に資金援助を行うという手法を得意とし、日本向けにも1,000億円規模のファンドを運用している。
    従業員数
    非表示
  • 社名非公開:アジアを中心に物流不動産の開発、再開発及びマネージメントを行う投資会社

    企業の特徴
    物流不動産に特化した投資会社であり、日本、中国、シンガポールに拠点を置き、開発、リーシング、資産管理を手掛けている。創業者(共同代表)はアジアにおける機関投資家による物流不動産投資分野におけるパイオニアであり、1998年に大規模物流施設の開発・運営手法であるビルド・トゥ・スーツ型で初めて物流拠点の開発を手掛け2006年に同社を創業している。
    従業員数
    1-50名
  • 社名非公開:独立系不動産投資マネジメント・コンサルティング会社

    企業の特徴
    2002年11月に設立された独立系不動産投資マネジメント・コンサルティング会社。特定の金融グループ色に染まらない独立系ファンドとして、各種コンサルティング、証券化スキームの提案、スキームの組成・実行の補助、SPCの運営・管理のアドバイスなどを行っている。ファンドの組成アレンジ案件の規模は総資産約500億円の実績がある。
    従業員数
    1-50名
  • 社名非公開:独立系不動産アセットマネジメント会社

    企業の特徴
    1995年設立の独立系不動産アセットマネジメント会社。米国不動産会社の子会社としてスタートし、不動産オークションの仕組みを日本に紹介する事業を行っていたが、日本における不動産流動化ビジネスの活性化をみて1998年頃から投資家の担保不動産のデューデリジェンス業務を受託するようになった。独立系アセットマネジメントとしては国内最大級である。投資家に対して投資機会の提供・不動産の運用・不動産の売却・トータルリターンの提供などにより報酬を得るビジネスモデルを確立している。
    従業員数
    51-100名
  • 社名非公開:世界最大規模の不動産サービスグループの不動産投資顧問会社

    企業の特徴
    不動産に特化した投資顧問会社。世界有数の不動産サービスプロバイダーの一員として、商業施設、物流施設、ホテル、オフィス、住宅等様々なタイプの不動産に投資を行っている。収益物件だけではなく開発物件についても投資を行っている。親会社の創業は1783年。200以上にわたり不動産事業に携わっており、NY証券取引所に株式を上場している。ビジネス領域はグローバルに広がっており、不動産仲介、プロパティマネジメント、リーシング、ファシリティマネジメント等高いレベルの不動産サービスを世界各地で提供している。
    従業員数
    51-100名
  • 社名非公開:不動産投資顧問

    企業の特徴
    不動産アセットマネジメント・ファンドマネジメント事業など不動産関連事業を営むグループの持株会社。また独自に自己賃貸事業も行う。設立は2002年6月。不動産投資顧問事業を目的に大手証券会社と資産運用会社が共同で設立したが、後にアメリカの不動産顧問投資会社傘下に移行した。高度な金融専門性を生かしてグループをリードし、不動産金融分野で独自の強みを発揮している。現在の不動産投資顧問業務においては数本のファンド運用のほか、AM部隊を自社で抱えない他不動産投資顧問会社より委託を受け、AM業務を行うケースもある。2013年10月にはオフィス、商業施設REITが上場している。
    従業員数
    1-50名
  • 社名非公開:財閥系不動産会社の投資顧問

    企業の特徴
    財閥系不動産企業のグループ会社。市場ニーズの高まりを背景に、不動産証券化・アセットマネジメントなど不動産投資アドバイザリー事業を展開。アクイジション、証券化、アセットマネジメントまで一連のソリューションを提供。
    従業員数
    51-100名
  • 社名非公開:大手総合商社と外資系証券会社合弁による不動産投資会社

    企業の特徴
    日本を代表する総合商社と、欧州最大手投資銀行の合弁により2000年に設立されたアセットマネジメント会社。商業施設特化型REITや、産業用不動産特化型REITの資産を運用しているリーディングカンパニー。商業施設特化型Jリートとしては国内最大、全Jリートの中でも第3位の規模となっており、産業用不動産特化型REITとしては「日本経済の力を産み出す源泉としての社会基盤に投資し、日本の産業活動を不動産面から支えていく」という理念に基づき、物流施設、工場・研究開発施設等、インフラ施設を投資対象としている。両社が長年築いてきた不動産市場及び金融市場に対するナレッジをもとに不動産投資信託を組成し、国内外の投資家への貢献や国内投信市場・不動産市場に貢献している。
    従業員数
    51-100名
  • 社名非公開:不動産、再生ファンドの運営

    企業の特徴
    企業・債権・資産のビジネス領域において、投融資からアドバイザリーまで横断的に広範囲に事業を展開。
    設立以来構築してきた全国の金融機関とのリレーションに、親会社である東証一部上場企業が持つ大企業をはじめとした事業法人、官公庁(行政)等の強固なリレーションを加え、さらなる営業基盤の拡大を図っている。
    従業員数
    101-500名

34件中 / 1~10件を表示