金融機関/金融プロフェッショナルの転職・求人

日系金融機関(証券会社、銀行等) 36社の転職・中途採用求人情報

36件中 / 1~10件を表示

  • 社名非公開:インターネット専業大手証券の一社

    企業の特徴
    日本最大級のインターネット・ショッピングモールを運営する親会社のインターネット証券。1999年6月に日本初のオンライン専業証券としてサービスを開始した。2016年2月現在、約200万人の顧客数を有する。
    オリジナルのトレーディングツールをリリースし、日本で初めて個人向けに、リアルタイムで自動更新する株価の配信を開始するなど、常に顧客側に立ったサービスの提供に努めている。
    従業員数
    101-500名
  • 社名非公開:年金積立金の管理及び運用を行うとともに、その収益を年金特別会計に納付することにより、厚生年金保険事業及び国民年金事業の運営の安定に資することを目的とする独立行政法人

    企業の特徴
    第一に、「投資原則」に従って管理運用体制を強固なものとする。資金運用は経済環境などに左右されるため、短期的な収益状況の変動は避けられない。長期的な観点に立った分散投資を基本とし、適切なリスク管理を行い、年金積立金の安全かつ効率的な管理及び運用に努める。
    第二に、日々の業務の原点を「国民の皆様から信頼される組織」であることに置き、誠実に「行動規範」に基づき行動する。自己研鑽と専門性の向上に努め、コミュニケーションとチームワークを大切にし、一人ひとりが個性と能力を発揮して、GPIFの使命達成のために努力する。
    第三に、独立行政法人としての特性も活かしながら、効率的な事業運営を行うとともに、WebサイトやSNSなどを通じ、積極的な情報開示に努める。
    従業員数
    51-100名
  • 社名非公開:日系大手金融機関

    企業の特徴
    銀行・信託・証券一体での差別化された戦略に基づく収益力強化と、海外も含めたビジネス拡大を支える営業基盤の強化・拡充を図る。多様な顧客ニーズに応えるサービス提供力の向上に努め、個人顧客には、銀行・信託・証券の各商品・サービス等をシームレスにご提供している。また、法人顧客には、高度なリスクテイク能力の発揮による資金供給機能の強化や産業知見・新商品開発能力等の独自性・優位性に立脚したソリューション提供能力の強化に取り組んでいる。海外においては、顧客のグローバルなニーズが近年ますます高まっていることを踏まえ、海外拠点ネットワークの拡大と、日系顧客の海外展開サポートや非日系顧客とのリレーション強化等に取り組んでいる。
    従業員数
    1001名以上
  • 社名非公開:国内大手金融機関

    企業の特徴
    国内大手銀行を母体とし、一時国有化されるもアメリカの投資ファンドの下、新たに再スタートを切り、その後再上場。不良債権が一掃されたため他行のような「負の遺産」を持たず、金融機関としての健全性にも高い評価がある。外貨預金に対する強みが特徴となっている。経営体制の刷新と抜本的な経営合理化策を実施し、「顧客基盤の再構築」と「収益力の安定化」を目指し、新たなステージを迎えた日系銀行。現在は通常の銀行業務の他、投資銀行業務にも幅を広げ、様々なサービスを提供している。
    従業員数
    1001名以上
  • 社名非公開:日系信託銀行

    企業の特徴
    銀行事業と信託・財産管理事業を一体として展開し、資産運用と管理の両機能をあわせ持つ金融機関。環境の変化に積極的に対応し、個人・法人・機関投資家など多様なお客様のニーズに対し、最適な金融商品・サービスを提供。
    従業員数
    1001名以上
  • 社名非公開:日系大手フィナンシャル・グループの信託銀行部門

    企業の特徴
    日系大手フィナンシャル・グループの信託銀行部門として、預金、貸出等の銀行業務に加えて、資産運用・管理、不動産、証券代行、相続関連業務など、幅広く質の高い総合的金融ソリューションを提供。
    従業員数
    1001名以上
  • 社名非公開:日本の対外経済政策を担う政策金融機関

    企業の特徴
    日本政府100%出資の特殊銀行であり、政府と一体の法人とされる。業務運営は政府から独立して行われるが、日本で唯一の国際金融に特化した政策金融機関として、日本の対外経済政策・エネルギー安全保障政策を担う。外国政府、日本企業が関与・運営する海外インフラプロジェクト、日本企業が行うM&Aなどの海外投資プロジェクト、日本に輸入されるエネルギー・天然資源開発プロジェクト、CO2排出削減のための環境プロジェクトなどに、主にプロジェクト・ファイナンスを活用して融資を行っている。最近は出資業務も本格化させている。
    従業員数
    501-1000名
  • 社名非公開:国内系大手投資銀行

    企業の特徴
    国内系大手証券会社。M&Aや資金調達などの投資銀行業務から、株式、債券部門まで顧客企業の多様なニーズに応えることが出来るソリューションを提供出来る体制を備えている。グループのネットワークも活かし、豊富なディール数を持つ。全社的に中途採用入社の社員が多く、金融業界各分野から優秀な人材が集まっている。例えば、投資銀行部門は、外資系投資銀行からの転職者、国内系証券会社や財務アドバイザリーファームからの転職者、銀行からの出向者など専門性の高いメンバーで構成されており、業務の進め方など、外資系投資銀行と同様の仕組みで運営されている。海外とのネットワークについては、米国独立系の投資銀行と業務・資本提携しており、これによりクロスボーダーの案件は年々増加している。
    従業員数
    1001名以上
  • 社名非公開:富裕層個人およびミドルマーケットの法人をターゲットとしたプライベート・バンク

    企業の特徴
    富裕層個人およびミドルマーケットの法人をターゲットにプライベート・バンキング・サービスを提供する証券会社。日本ではまだ数少ないプライベートバンキング業務に特化したリーディングカンパニー。ワールドワイドのリソースを活用し、顧客ごとに最適なソリューションを提供できるのが強み。2006年5月、日系メガバンクグループと米系投資銀行の合弁により設立されたが、2012年12月に日系メガバンクグループの100%グループ会社となった。
    従業員数
    501-1000名
  • 社名非公開:日本最大手インターネット企業グループの金融先物取引業者

    企業の特徴
    初心者向けの丁寧なデモ講座や豊富なコンテンツを用意、スマホ、タブレット、パソコンのどれからも使いやすく簡単、かつ少額から取引できることで人気が高い。、また、FX業界最高水準の高金利を特色としている。
    従業員数
    非表示

36件中 / 1~10件を表示