転職成功体験記「大手地方銀行から日系アセットマネジメントへ」

大手地方銀行のマーケット部門(パッシブファンド運用)から、日系大手アセットマネジメントの投信セールス・商品企画へ転職されたY・Yさん(20代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。アンテロープをお選びいただいた理由やご本人からのメッセージも、あわせてご紹介いたします。

Y・Yさん(20代/男性)私立大学卒
BEFORE
[マーケット部門(パッシブファンド運用)]大手地方銀行
AFTER
[投信セールス・商品企画]日系大手アセットマネジメント

Y・Yさんは新卒で入行された大手地方銀行にて、マーケット部門での仕事に大きなやりがいを感じておられました。プライベートでの変化から東京での就業を考えるようになり、引き続きマーケット関連の仕事を続けるために転職を意識されるようになりました。

担当コンサルタント:林

前職までのご経歴と、転職の背景にあった思いなどについて教えていただけますでしょうか。

Y・Yさん

新卒で地方銀行に入行し、支店で2年半ほど法人融資を行いました。その後、興味をもった市場部門に行内公募で異動し、その際に外部の企業へ1年間出向となり、帰任後は市場部門にて株式の運用を担当しました。
プライベートの変化を踏まえて東京で働きたいという思いが強くなったことが、転職への最初の動機でした。また、銀行だと人事異動も多いため、携わっているマーケット関連の仕事を続けるためには転職がベストだと感じましたし、加えて転職するなら自分のキャリアアップも実現したいと思っていました。"

担当コンサルタント:林

転職エージェントとしてアンテロープを選んだ理由をお聞かせください。

Y・Yさん

転職を経験した友人らに話を聞いたところ、ある程度行きたい業界が決まっているならそこに強みがあるエージェントを選んだ方が良いとアドバイスを受けました。そこで名前があがったエージェントのうちの一つがアンテロープでした。

担当コンサルタント:林

アンテロープのサービスで有益だと思われたのは、どんな部分だったでしょうか。

Y・Yさん

最初の面談で、すぐに求人への応募を勧めてこなかった点。自分自身、もう少し経験を積んでから転職すべきか悩んでいたが、そこを含めて真摯に相談にのっていただきました。他のエージェントだと、とりあえず応募だけでもと勧めてくるところが多かったです。
また、私のスキルや性格を把握したうえで適した求人を紹介してもらった点も有益でした。自分で求人に目を通すと、どうしても企業名や営業などの業務区分だけで応募を判断しがちですが、提案いただいたもので違和感を感じるものはほとんどなく、当初考えていなかった業務でも魅力的だと感じました。

担当コンサルタント:林

ご入社してみて、どんな感想をお持ちでしょうか。

Y・Yさん

自社での運用から、運用商品を提供する側に立場は変わるが、好きなマーケットに関わり続けられるので満足しています。
組織自体がまだ出来て間もなく、外国人をはじめ様々なバックグラウンドを持った人材が集まっており、銀行の画一的な環境とは異なるので若干緊張はしています。組織、商品ともに業界内でも新しいものでノウハウがない部分も多く、手探りが続くと思いますが、自分たちが開拓者としてのプライドをもって取り組んでいきたいと思います。

Y・Yさんからのメッセージ

私は転職自体にも悩んでいましたし、アセットマネジメントに絶対行きたいと思っていたわけではありません。金融系という希望はありましたが、先入観や自分の思い込みに囚われず、エージェントが提案してくれる求人にも目を通し話を聞いてみたことで、自分の中でキャリアのイメージが固められました。
また、私の転職活動は2カ月弱で終えることになりましたが、たまたま新しいポジションがオープンになったタイミングであったり、運に救われた部分もあります。比較的人材の流動性がある業界だと思うので、自分にあった企業と巡り合えるまで辛抱強く活動を続けることも大事かもしれません。

あなた専任のキャリアコンサルタントが、転職活動を強力にサポートいたします(無料)。
弊社では大量の求人へのアプライを無理強いしたり、すぐに転職するよう急かしたりすることは一切ありません。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください。

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。