転職成功体験記「日系大手損害保険会社から外資系投資銀行へ」

日系大手損害保険会社の法人営業および部内事務統括から、外資系投資銀行のアナリストへ転職されたK・Cさん(20代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。アンテロープをお選びいただいた理由やご本人からのメッセージも、あわせてご紹介いたします。

K・Cさん(20代/女性)私立大学卒
BEFORE
[法人営業および部内事務統括]日系大手損害保険会社
AFTER
[アナリスト]外資系投資銀行

K・Cさんは学生のころから外資系金融への興味はお持ちだったものの、新卒では大手損保会社に入社。しかし、希望するような業務に社内異動できる可能性は少ないと判断し、それであればポテンシャルを見てもらえる第2新卒枠で外資系金融にチャレンジしてみたいとご相談にいらっしゃいました。

担当コンサルタント:林

前職までのご経歴と、転職の背景にあった思いなどについて教えていただけますでしょうか。

K・Cさん

日系の大手損害保険会社へ新卒で入社しました。新卒時より外資系金融にも関心はありましたが、日系企業の方が新人の研修・育成制度がより充実していると思い、ご縁があり内定をいただいた日系損保会社に入社を決めました。2年ほどして仕事にも慣れてきた頃、もともと関心のあった外資系企業への憧れが強まり、転職するならなるべく若いうちにと思い、転職活動を開始しました。損保会社では当初思っていたよりもジョブローテーションの機会が少ないと感じたことも、転職活動を始めたきっかけのひとつです。

担当コンサルタント:林

転職活動でアンテロープを利用された経緯はどういったものでしたか?

K・Cさん

自身が転職先として希望する外資系や大手金融の求人に特化していたからです。もともとは別のエージェントを単独で利用しておりましたが、そちらはより幅広い業界・規模の求人が多かったため、専門性の高いアンテロープも並行して利用していました。

担当コンサルタント:林

アンテロープのサービスで有益だった部分があれば教えていただけますでしょうか。

K・Cさん

非公開求人の紹介と、入社までのサポートです。今回、自身の転職先となった求人もまさにそうですが、オフィシャルにはオープンになっていない求人を前もってご紹介いただけたことは大きなメリットでした。また、内定後入社までの間も退職のことや入社手続きについて親身になってご相談させていただき、初めての転職活動で不安も多かったですが、とても心強かったです。

担当コンサルタント:林

ご入社を目前にして期待に胸を膨らませていると思いますが、どのようにご活躍されたいと思っていますか?

K・Cさん

まだ社会人経験も浅く(2年半)、知識や経験の面では新しい会社に寄与できることは少ないかもしれませんが、だからこそ何事にも関心と柔軟力を持って、活躍していきたいと思います。また個人的には、日系/外資系の違いを体感することができると思いますので、前職での経験と比較しながら自分自身のキャリアについても引き続き考えていきたいと思います。

K・Cさんさんからのメッセージ

新卒から2~3年目の転職は基本的にはポテンシャル採用となるため、外資系や大手金融への転職はなかなか難しいと私自身も感じておりました。今回、幸運にもポテンシャル採用の求人をご紹介いただきましたが、はじめはエージェントを利用せず自力で転職活動を進めていたこともあり、自分の希望する求人を見つけられるまで、かなりの時間と労力がかかりました。若手でこれから金融業界への転職を検討される皆様も、自分の納得のいく求人を見つけられるまで妥協せず、エージェントの方にも自身の希望や条件をはっきりと伝えていっていただければと思います。

この事例を担当したのは、
弊社コンサルタントの林徹です

林 徹/ Hayashi Toru
【経歴】
大阪市立大学法学部卒。新卒で三井住友銀行へ入行し法人営業や大企業取引、SMBC日興証券人事部への出向等、幅広く業務を経験。その後、外資系生命保険会社へ転職し、個人・法人へのコンサルティング業務に従事。10年超にわたる銀行、証券、保険会社での業務経験を生かして一人でも多くの方々の決断をサポートし、豊かなキャリアを送るきっかけを作りたいと考え、アンテロープに参画。

【担当領域/実績】
アセットマネジメント、銀行・証券のセカンダリー/投資銀行部門などを担当。金融機関における幅広い業務経験と人事経験をもとに、金融機関勤務の方々のキャリア支援やアドバイスに強みを持つ。

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。