転職成功体験記「日系組織コンサルティング会社から外資系総合コンサルティングファームへ」

日系組織コンサルティング会社の採用支援コンサルタントから、外資系総合コンサルティングファームの人事組織コンサルタントへ転職されたN・Sさん(20代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。アンテロープをお選びいただいた理由やご本人からのメッセージも、あわせてご紹介いたします。

N・Sさん(20代/男性)国立大学卒
BEFORE
[採用支援コンサルタント]日系組織コンサルティング会社
AFTER
[人事組織コンサルタント]外資系総合コンサルティングファーム

N・Sさんは新卒で日系の組織コンサルティング会社に入社され、クライアント企業の採用支援や人事制度策定などを手掛けてきました。そこで経験を積む中で、より規模が大きくグローバルな環境に身を置きたいと考えるに至り、外資系ファームへの転職を決めました。

担当コンサルタント:諏訪

前職までのご経歴と、転職の背景にあった思いなどについて教えていただけますでしょうか。

N・Sさん

前職は大手の組織コンサルティング会社で、採用支援および人事制度策定のプロジェクトを担当していました。非常に充実した環境ではありましたが、より規模が大きく複雑性の高いプロジェクトを担当したかったことと、よりグローバルな環境に身を置きたかったことから、外資系の大手コンサルティングファームへの転職を決意しました。

担当コンサルタント:諏訪

転職エージェントとしてアンテロープを選んだ理由をお聞かせください。

N・Sさん

アンテロープはコンサルティング企業への転職に特化しており、実績も申し分ないため話を聞いてみることにました。ただ、最終的にこのエージェントで転職を進めようという決め手になったのは、担当の諏訪さんが非常に真摯に私のキャリアプランに向き合ってくださったことが大きかったです。

担当コンサルタント:諏訪

アンテロープのサービスで有益だと思われたのは、どんな部分だったでしょうか。

N・Sさん

コンサルティング業界の人材市場のトレンド等の情報はもちろんのこと、企業ごとの傾向なども詳しく教えていただきました。また、個別のケース面接対策については本当に有益で、右も左もわからない自分にとって非常に力になりました。

担当コンサルタント:諏訪

ご入社を目前に控え、今後どのように活躍されたいとお考えですか?

N・Sさん

日系と外資系ではプロジェクト内容や風土などに大きく違いがあると感じますが、しっかりと転職活動中に自分とのフィットを考えられたため、不安はありません。前職の経験も生かせるフィールドなので、存分にパフォーマンスを出し、最速で昇進し、自分の選択を正解にしていきたいと考えています。

N・Sさんからのメッセージ

コンサルティング業界はハードですが、非常に刺激のある仕事ができる業界です。また、得られるスキルもあらゆる仕事で通じるものだと感じており、幅広いキャリアに繋がるものだと感じています。未経験での転職も多い業界ですので、ぜひ積極的にご検討下さい!

この事例を担当したのは、
弊社コンサルタントの諏訪夏樹です

諏訪 夏樹/ Suwa Natsuki
【経歴】
早稲田大学法学部卒。新卒で日本IBMに入社し、コンサルタントとして製造業をクライアントとしたシステム導入案件を複数推進。その後人材業界にキャリアチェンジし、人材エージェントでコンサルティング業界への転職支援を中心に経験する中で、より個人の長期的なキャリア支援に従事したいという考えからアンテロープキャリアコンサルティングに参画。

【担当領域】
コンサルティングファーム、スタートアップ、IT関連企業。また、ポストコンサルや第二新卒の転職も多く担当しています。転職活動はその一度の選択でその後のキャリアに大きな影響を与えます。長期的な観点から皆様のキャリアを考えた時に、最適だと思える選択肢の提案とその実現をご支援させていただきます。

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。