転職成功体験記「総合系コンサルティングファームからハンズオン型経営コンサルファームへ」

総合系コンサルティングファームのシニアコンサルタントから、ハンズオン型経営コンサルファームのアソシエイトへ転職されたY・Eさん(20代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。アンテロープをお選びいただいた理由やご本人からのメッセージも、あわせてご紹介いたします。

Y・Eさん(20代/男性)公立大学卒
BEFORE
[シニアコンサルタント]総合系コンサルティングファーム
AFTER
[アソシエイト]ハンズオン型経営コンサルファーム

Y・Eさんは新卒でITコンサルティングファームに入社してIT周りの知見を身につけた後、総合系ファームに転職。多くのプロジェクトを手掛ける中で、IT以外の専門性も身につけたいとの思いから公認会計士の資格勉強を開始。見事に短答式に合格したことで、さらなるキャリアアップを図るべく転職活動に入られました。

担当コンサルタント:諏訪

前職までのご経歴と、転職の背景にあった思いなどについて教えていただけますでしょうか。

Y・Eさん

今後はITの需要が高くなると考え、新卒ではITコンサルティングファームに入社しました。ですが、IT (システム)導入ありきの案件が多かったこともあり、総合系ファームに転じました。
総合系ファームでは、上場企業を対象にシステム刷新PJのPMOや業務検討支援を経験してきました。そこでの仕事は楽しかったものの、今後の自分のキャリアを考えたときに武器になる専門性を身に付けたいと考え、転職を検討し始めました。

担当コンサルタント:諏訪

転職エージェントとしてアンテロープを選んだ理由をお聞かせください。

Y・Eさん

会計領域およびコンサル領域の転職に関する知見が豊富だというキャッチフレーズを拝見したからです。公認会計士の短答式に合格した直後「会計 コンサル 転職」というワードでネット検索していたらアンテロープが目に止まり、そのまま登録しました。

担当コンサルタント:諏訪

アンテロープのサービスで有益だったのは、どんな部分でしょうか。

Y・Eさん

「求人の紹介」および「面接対策」です。
前者は、自分がネット検索するだけでは得られないような企業や求人を紹介していただけます。私が単に寡聞なこともありますが、非常に助かりました。
後者は、他の候補者さんが実際に面接で聞かれた質問を共有いただけるので、対策を行うにあたり非常に有益でした。なお、自分が作成した想定問答のフィードバックもいただけます。

担当コンサルタント:諏訪

ご入社を目前に控え、今後どのように活躍されたいとお考えですか?

Y・Eさん

公認会計士の勉強を通じて得た「会計の知識」や、ITストラテジストを取得する過程で得た「IT活用の知識」を、実際のコンサルティングに活かしていきたいと考えています。机上で得た知識をリアルな現場で活かすには、単なる勉強とは違った難しさがあるとは思いますが、頑張っていきたいと思います。

Y・Eさんからのメッセージ

転職したいと考えた段階で、とりあえず転職エージェントに相談してみるというのも有効な手です。現時点の経験、スキルを伝えることで、転職を成功させるのに必要なステップを提示いただけると思います。そのステップは簡単なものではないかもしれませんが、本当に転職したいなら頑張れると思います。皆さんの転職の成功を祈っております。

この事例を担当したのは、
弊社コンサルタントの諏訪夏樹です

諏訪 夏樹/ Suwa Natsuki
【経歴】
早稲田大学法学部卒。新卒で日本IBMに入社し、コンサルタントとして製造業をクライアントとしたシステム導入案件を複数推進。その後人材業界にキャリアチェンジし、人材エージェントでコンサルティング業界への転職支援を中心に経験する中で、より個人の長期的なキャリア支援に従事したいという考えからアンテロープキャリアコンサルティングに参画。

【担当領域】
コンサルティングファーム、スタートアップ、IT関連企業。また、ポストコンサルや第二新卒の転職も多く担当しています。転職活動はその一度の選択でその後のキャリアに大きな影響を与えます。長期的な観点から皆様のキャリアを考えた時に、最適だと思える選択肢の提案とその実現をご支援させていただきます。