転職ケーススタディ「独立系投資ファンドから地方企業支援ファンドへ」

独立系投資ファンドのマネージャーから、地方企業支援ファンドのマネージャーへ転職されたG・Iさん(30代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。担当コンサルタントが考える転職成功のポイントやご本人からのメッセージもあわせてご紹介いたします。

G・Iさん(30代/男性)国立大学院卒
BEFORE
[マネージャー]独立系投資ファンド
AFTER
[マネージャー]地方企業支援ファンド

G・Iさんは理数系の大学院を卒業された後に、企業再生に強い経営コンサルティングファームに入社し、企業投資業務に従事。その後、独立系PEファンドへ転職、着実にプロフェッショナルとしての経験を積まれてきました。企業投資と不動産のバリューアップ業務を並行して行っていたものの、企業投資の専門性を高めたいとの思いからご相談いただきました。また、G・Iさんはもともと西日本ご出身ということもあり、地元により近い場所でキャリアを伸ばしていきたい、かつ資格試験のための勉強時間をもう少し捻出したい、とのご意向もありました。

成功のポイント

近年、日本各地の自治体や地方銀行が中心となり、地元企業の経営支援を目的としたファンドが数多く設立されており、どこも即戦力となるプロフェッショナル人材を求めています。今回はご出身地のファンドで募集があったところに、G・IさんがUターンも見据えた転職活動に入られたというタイミングの良さと、G・Iさんの「じっくり腰を据えて地元経済に貢献したい」との熱意が採用側にうまく伝わったことが功を奏しました。

今後のキャリアパス

東京で金融プロフェッショナルとしてのスキルを磨かれた後、出身地も含め地方経済の活性化に貢献したいという志をお持ちの方は、当社ご登録者でも多くなってきました。G・Iさんはそういったキャリアデベロップメントの先駆者の一人として、今後ますます専門性を高めていかれることと思います。次のステップとしては事業会社のCFO、COOとして自ら経営サイドに立って手腕をふるう、あるいはご自身でファンド運営を行う、といった可能性があるのではないでしょうか。

G・Iさんより

前職では企業投資のみならず様々な投資対象を経験させていただき、会社を辞める積極的な理由はありませんでした。しかし、もともとUターンを志向している中、地元でこれまでのキャリアがすぐに活かせる職場があると知り思い切って転職を決意しました。
東京には資源が集中する一方で、地方にはプロフェショナル機能は少なく、東京であれば手に入る知恵や取れる手法・解決策が、地方では難しいことが少なくありません。東京でプロフェッショナルファームを経験された多くの方々が地方で活躍することで、顧客・投資先等に直接貢献するだけではなく、地域経済全体の底上げに寄与するのではないかと考えております。難しい面も多々ありますが、そのような志をお持ちの方は、ぜひ、地方への転身を検討されてみてはいかがでしょうか。

あなた専任のキャリアコンサルタントが、転職活動を強力にサポートいたします(無料)。
弊社では大量の求人へのアプライを無理強いしたり、すぐに転職するよう急かしたりすることは一切ありません。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください。