転職ケーススタディ「セルサイドアナリストから外資系投資ファンドへ」

外資系投資銀行の株式アナリストから、外資系投資ファンドの投資プロフェッショナルへ転職されたA・Aさん(30代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。担当コンサルタントが考える転職成功のポイントやご本人からのメッセージもあわせてご紹介いたします。

A・Aさん(30代/男性)私立大学院卒
BEFORE
[株式アナリスト]外資系投資銀行
AFTER
[投資プロフェッショナル]外資系投資ファンド

A・Aさんは理系の大学院を修了後に大手外資系証券会社に入社、日本株アナリストとしてキャリアをスタートさせました。数年後、日系アセットマネジメント会社に転職。そこで順調にバイサイドでの経験を積んだ後、再度外資系投資銀行の株式アナリストに転じました。新卒で証券会社に入社して以降、アナリストとして一貫して企業調査/分析のスキルを磨いてきたA・Aさん。セルサイドアナリストとして専門性をさらに高めていくのも一つの方向性でありながら、これまでの職務で培われた知識と経験を別のフィールドでも活かせるのではとの思いから転職活動を開始されました。当初、ご希望の中心は資産運用会社などでのオポチュニティでした。

成功のポイント

活動開始当初は資産運用会社への転職をお考えだったA.Aさんですが、コミュニケーションを深める中で投資業務への興味もお持ちであることが分かってきました。基本的にPEファンドでは同業での経験を求めますが、A・Aさんの高いビジネススキルと人物面をもってすればそのギャップは埋められると判断し、当社から持ち込むかたちで投資プロフェッショナルのポジションにご紹介しました。ご自身も、足りないと思われるモデリングのスキルを伸長させるべく、時間とコストをかけて熱心に勉強され選考プロセスに備えました。その結果、PE側のシニアの投資プロフェッショナルの評価がすべて良く、かつモデリングテストも問題なくパスされ、晴れて内定となりました。

今後のキャリアパス

アナリストならではの高度な分析能力にプラスして、今回ご入社されたPEファンドで投資スキルを身に付ければ、M&Aを絡めた事業戦略を立案・推進することのできる、一級の経営人材になる道が拓けるのではないでしょうか。大型買収で産業再編を促す、あるいは事業会社に転じて成長をけん引するなどの業績で、ぜひ近い将来の日本経済にポジティブな影響を与えるプロフェッショナルを目指していただければと思います。

A・Aさんより

株式アナリストとしてキャリアを積んできましたが、従前から企業の変革により直接的に関わりたいという強い思いを持っていました。アンテロープさんからPEのオポチュニティをご紹介いただき、千載一遇のチャンスだと感じました。異分野で培った経験を活用し、ファームにいかに貢献可能かを示すとともに、PEで必要なスキルは短期間でキャッチアップ可能であることをアピール出来るよう、アンテロープのご担当者と相談しながら十分な対策をした上で面接やモデリングテストなど各ステップに臨みました。
アナリストの方々は比較的若いころから責任ある仕事を担ってきていると思いますので、その経験を活用して、様々な可能性にチャレンジして欲しいと思います。

あなた専任のキャリアコンサルタントが、転職活動を強力にサポートいたします(無料)。
弊社では大量の求人へのアプライを無理強いしたり、すぐに転職するよう急かしたりすることは一切ありません。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください。