転職成功体験記「大手地方銀行から独立系不動産アドバイザリー会社へ」

大手地方銀行の法人・個人営業から、独立系不動産アドバイザリー会社のアクイジション担当へ転職されたT・Nさん(30代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。アンテロープをお選びいただいた理由やご本人からのメッセージも、あわせてご紹介いたします。

T・Nさん(30代/男性)私立大学卒
BEFORE
[法人・個人営業]大手地方銀行
AFTER
[アクイジション担当]独立系不動産アドバイザリー会社

T・Nさんは、地場産業の成長を支援することで故郷への地域貢献を果たしたいとの思いから地方銀行に新卒入社されました。融資や資産運用業務の経験を積んでいく中で、これまでの経験を生かして中堅中小企業に対する不動産戦略の提案事業に従事したいと考えるようになり、アンテロープにご登録いただきました。

担当コンサルタント:渡邉

前職までのご経歴と、転職の背景にあった思いなどについて教えていただけますでしょうか。

T・Nさん

新卒採用時は、地元の金融機関を中心に就職活動を行っていました。生まれ育った土地で働くことへの興味関心であったり、地場企業の成長を支援していきたいという想いが、地域貢献が出来る金融機関を選んだ理由です。入社後は法人、個人問わず担当し、主に融資業務や資産運用業務を行っていました。

担当コンサルタント:渡邉

転職エージェントとしてアンテロープを選んだ理由をお聞かせください。

T・Nさん

色々な転職サービスがある中、SNSを中心に情報収集を行っていました。転職のイメージとして金融→不動産業界へのキャリアチェンジを考えていたこともあり、不動産、特に不動産金融の転職実績が豊富であるアンテロープにお願いしたいと思ったのが経緯です。

担当コンサルタント:渡邉

アンテロープのサービスで有益だと思われたのは、どんな部分だったでしょうか。

T・Nさん

相談する時間帯と、他社では持っていない求人情報だと思います。また、非常に親身になってサポートもしていただき、感謝しています。相談する時間帯ですが、どうしてもこちらの仕事が終わってから面談などやりとりする時間も多くありましたが、調整もかなり自由度が高く、こちらに合わせていただいたように思います。また求人情報も、ホームページ上では公式には採用していないような企業に対しても求人情報を持っていたりと、業界に対して強いパイプを持っている印象がありました。

担当コンサルタント:渡邉

ご入社を目前に控え、今後どのようにご活躍されたいと思っていますか?

T・Nさん

未経験業界への転職となりますが、採用してよかったと思ってもらえるような働きぶりであったり、成果というものを出していきたいと思っています。またスキル面でも、より専門性を高めていけるように個人としても成長し続けたいと思います。

T・Nさんさんからのメッセージ

しっかりと準備することと、熱意が大事ではないかと思っています。相対的な年収やスキルの部分はすぐに、そして大きく変えることは出来ないかもしれませんが、目の前の面接に対してはどんな人でも、やり方次第で準備や入社したい熱意を伝えることは出来ると思っています。私自身、転職先の業界に通ずるスキルや相対的に高い年収はありませんでしたが、上記2点を意識しアンテロープのサポートにより志望する会社への転職が成功しました。

この事例を担当したのは、
弊社コンサルタントの渡邉一也です

渡邉 一也/ Watanabe Kazuya
【経歴】
成蹊大学法学部卒。地域金融機関にて法人や個人顧客を担当。与信業務・受信業務を通じて10年にわたり地域の発展に寄与。その後、大手邦銀にて10年間、住宅ローンコンサルタントとして個人顧客ならびに業者向けセールスを行う。20年以上に渡り顧客に金融商品を提供しながら信頼関係の構築に注力してきた経験を、人財というもっとも重要なリソースをクライアントに提供することに注ぐべくアンテロープに参加。

【担当領域/実績】
銀行の金融市場部門、資産運用会社(アセットマネジメント)、不動産金融、ベンチャーキャピタル、フィンテックを中心に担当。金融業界でのキャリアをベースとしたネットワークで、幅広い年齢層の転職をサポートしている。

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。