転職成功体験記「Big4系コンサルティングファームから日系大手ファンドへ」

Big4系コンサルティングファームのマネージャー(M&Aユニット)から、日系大手ファンドのバイアウト投資担当へ転職されたT・Jさん(30代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。アンテロープをお選びいただいた理由やご本人からのメッセージも、あわせてご紹介いたします。

T・Jさん(30代/男性)私立大学卒
BEFORE
[マネージャー(M&Aユニット)]Big4系コンサルティングファーム
AFTER
[バイアウト投資担当]日系大手ファンド

T・Jさんは、学生時代から投資銀行業務に興味があり新卒では日系証券会社に入社されました。リテール営業部門に配属され順調に成果を上げていたものの、部署移動は難しいと判断し社外に機会を求めて転職。コンサルティングファーム2社でM&A関連の経験を積んだ後、投資を通じて企業の変革を自らリードしたいとの思いから今回ファンド業界へのチャレンジを決意されました。

担当コンサルタント:佐藤

前職までのご経歴と、転職の背景にあった思いなどについて教えていただけますでしょうか。

T・Jさん

学生時代から投資銀行でM&Aに携わりたいと考えていたことから、新卒では証券会社への入社を決意しました。リテール営業からのスタートとなり、部署移動が難しいことから、機会を求めて転職。BIG4系コンサルティングファーム2社で、戦略策定やディール支援等のM&Aコンサルとしての経験を蓄積しました。

担当コンサルタント:佐藤

転職エージェントとしてアンテロープを選んだ理由をお聞かせください。

T・Jさん

元々、知名度が高いことから会社名は存じ上げていました。知人経由で紹介いただき、転職を考えていない時期にも継続的に情報提供してもらっていました。PEファンド業界に関する情報網や案件数も多く、非常に深いネットワークを有していると感じました。

担当コンサルタント:佐藤

アンテロープのサービスで有益だと思われたのは、どんな部分だったでしょうか。

T・Jさん

上述の通り、PEファンド業界に対する知見が高いことから、面接傾向、面接官のバックグラウンドも含めて、詳細な情報提供をいただけました。また、日中多忙であったことから、連絡が夜遅い時間帯になることも多かったですが、柔軟に対応いただき、タイムリーに相談できた点が非常にありがたかったです。

担当コンサルタント:佐藤

すでに新しいフィールドでのお仕事が始まっていますが、どのような部分に充実感を得ていますか?

T・Jさん

いわゆるセルサイド(アドバイザー)の立場から、バイサイドへの転職となることから、責任の所在が明確になると理解しています。PEファンド業界は一般的に長く働かれる方が多いと理解しており、相応のリターンを上げることで、経験を積んでいきたいです。

T・Jさんからのメッセージ

PEファンド業界は採用枠も少なく、メンバーとの相性も重要視されます。故に、ディール経験等の最低限のスキルがある点は前提とした上で、自分がどの様な人間であるかをしっかりと訴求できるようにしておくことが重要だと思います。

この事例を担当したのは、
弊社コンサルタントの佐藤史子です

佐藤 史子/ Sato Fumiko
【経歴】
津田塾大学学芸学部国際関係学科卒。新卒で大手新聞社に入社し、取材記者として勤務。その後大手総合人材サービス会社を経て2008年より現職。人材業界でのキャリアは通算15年以上にわたる。

【担当領域/実績】
コンサルティング業界担当。毎年年間200名以上の候補者の転職やキャリア形成をサポート。外資系戦略コンサルティングファーム、総合系ファーム、会計系財務アドバイザリーファームを中心に業界でのネットワークを広く持ち、現役コンサルタントの方々との日々のコンタクトを通じて業界の生の情報に触れ、コンサルティング業界の最新動向やキャリア形成に関する知見を磨く。これらをソースにした的確な転職アドバイスに強み。大手ファームへの転職支援はもちろん、ポストコンサルの方々のファンドや事業会社のコアポジションへの転職支援実績も多数。

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。