転職成功体験記「金融グループ持ち株会社から不動産投資運用会社へ」

金融グループ持ち株会社の内部監査から、不動産投資運用会社の内部監査へ転職されたN・Aさん(30代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。アンテロープをお選びいただいた理由やご本人からのメッセージも、あわせてご紹介いたします。

N・Aさん(30代/女性)私立大学卒
BEFORE
[内部監査]金融グループ持ち株会社
AFTER
[内部監査]不動産投資運用会社

N・Aさんは新卒で信用金庫に入社して以降、監査法人を含む複数の企業で事務職としての経験を積んでこられました。現職は内部監査室での業務でしたが、これを専門性として長期的なキャリアを築いていきたいとの思いから転職活動をスタートさせました。

担当コンサルタント:渡邉

前職までのご経歴と、転職の背景にあった思いなどについて教えていただけますでしょうか。

N・Aさん

信用金庫にて営業職を約5年間経験し、退職後は事務職の経験を積むため官公庁、監査法人、金融向けコンサル会社にて事務職として従事しました。その後はスタートアップ企業に入社し、グループ内で役員秘書や人事・総務業務に従事した後、上場会社に買収され、親会社の内部監査室に異動しました。

担当コンサルタント:渡邉

転職エージェントとしてアンテロープを選んだ理由をお聞かせください。

N・Aさん

外部求人サイトで求人を検索し、一番上部に掲載されていたのがアンテロープの求人でした。興味のある求人だったので、即登録しました。他社の転職エージェントは求人数が多いですが、以前ミスマッチしたこともあり、金融の求人に特化されていたのも自分には合っていると感じました。

担当コンサルタント:渡邉

アンテロープのサービスで有益だと思われたのは、どんな部分だったでしょうか。

N・Aさん

他社の転職エージェントからは「職歴が多く、年齢的にも事務職の求人数は少なく厳しい」と門前払い状態でしたが、アンテロープの渡邉さんにご相談したところ、すぐに求人を出している企業様にお電話してくださり、無事書類選考に通ることができました。また、面接を受ける際の注意点を事前にご連絡くださったのも大変ありがたかったです。

担当コンサルタント:渡邉

転職を成功させ、次のフィールドではどのように活躍したいと思っていますか。

N・Aさん

入社後、まずは職場のルールや仕事の回し方、雰囲気に早く慣れることに注力し、部内の仕事を一通りできるようにしたいと思っています。また職場において信頼関係を構築し、組織の中で必要とされる社員となって貢献していきたいです。

N・Aさんさんからのメッセージ

私は投資顧問の業界への転職は初めてとなりますが、金融機関と監査法人での経験を強みとして面接時に挑みました。またどの業界でも言えることですが、今までの職歴・経験を振り返り、自信を持って自分の強み・弱みを伝えられるようにできたら良いと思います。

この事例を担当したのは、
弊社コンサルタントの渡邉一也です

渡邉 一也/ Watanabe Kazuya
【経歴】
成蹊大学法学部卒。地域金融機関にて法人や個人顧客を担当。与信業務・受信業務を通じて10年にわたり地域の発展に寄与。その後、大手邦銀にて10年間、住宅ローンコンサルタントとして個人顧客ならびに業者向けセールスを行う。20年以上に渡り顧客に金融商品を提供しながら信頼関係の構築に注力してきた経験を、人財というもっとも重要なリソースをクライアントに提供することに注ぐべくアンテロープに参加。

【担当領域/実績】
銀行の金融市場部門、資産運用会社(アセットマネジメント)、不動産金融領域を中心に担当。金融業界でのキャリアをベースとしたネットワークで、幅広い年齢層の転職をサポートしている。
NIKKEI HR AGENT AWARDS 2019金融部門 受賞