コンサル業界出身者の転職事例

当社がサポートを行ったコンサル業界出身の方々の転職成功事例の一部をご紹介するコンテンツのVol.4です。
ご自身の境遇に合わせて、あるいは将来的なキャリアパスの参考に、ぜひご活用ください。
※現在は採用活動を休止しているクライアント企業もございます。あらかじめご了承ください。

  • 早稲田大学大学院卒(20代/男性)
    BEFORE
    Big4系コンサルティングファーム
    AFTER
    独立系M&Aアドバイザリー

    大学院で会計を学び、ファイナンス関連のコンサルを希望して入社するも、別領域を扱うチームに配属され転職を決意。

  • 早稲田大学卒(20代/男性)
    BEFORE
    独立系コンサルティングファーム
    AFTER
    ハンズオン型投資ファンド

    中規模ファームにて新規事業創出や組織変革などに従事。第三者ではなく当事者として経営に触れたいと転職を決意。

  • 慶応義塾大学卒(20代/男性)
    BEFORE
    総合系コンサルティングファーム
    AFTER
    大手証券会社

    M&A関連プロジェクトに携わる中で、よりファイナンスのスキルを磨きたいと思うに至り、カバレッジバンカーへ転身。

  • 慶應義塾大学大学院卒(MBA)(20代/男性)
    BEFORE
    大手シンクタンク
    AFTER
    Big4系財務コンサルティングファーム

    主にメーカーへの業務改善、経営管理などのコンサルティングに従事。もっとハンズオン寄りの経営支援がしたいと転職。。

  • 青山学院大学卒(20代/男性)
    BEFORE
    IT系コンサルティングファーム
    AFTER
    総合系コンサルティングファーム

    システム導入プロジェクトでPMO経験を積む。より上流のビジネスに近い部分でのコンサルティングに取り組むため転職。

  • 慶應義塾大学大学院卒(20代/男性)
    BEFORE
    総合系コンサルティングファーム
    AFTER
    官民ファンド

    戦略系プロジェクトの経験を重ねる中で投資ビジネスに興味を持つに至り、ハンズオン型支援を行う官民ファンドに転職。

  • 新潟大学大学院卒(30代/男性)
    BEFORE
    総合系コンサルティングファーム
    AFTER
    独立系PEファンド

    コンサルタントの経験を生かして経営に入り込む、という視点からファンドを希望。日系投資ファンドへの入社を決める。

  • 青山学院大学卒(30代/男性)
    BEFORE
    総合系コンサルティングファーム
    AFTER
    官民ファンド

    学生時代からアーリーステージ企業の成長支援に興味があり、今回その領域を扱う官民ファンドが新設されたことで転職。

  • 慶應義塾大学卒(30代/男性)
    BEFORE
    独立系財務アドバイザリー
    AFTER
    メガバンク系投資ファンド

    アドバイザリーファームからファンドに出向して投資業務に従事。より直接的にディールに携わるため、ファンドへ移る。

  • 米国州立大学卒(40代/男性)
    BEFORE
    実行支援系コンサルティングファーム
    AFTER
    総合系コンサルティングファーム

    現場常駐スタイルでの業務改革プロジェクトのベテランコンサル。非常にやりがいはあるものの、WLBの改善を望み転職。

あなた専任のキャリアコンサルタントが、転職活動を強力にサポートいたします(無料)。
弊社では大量の求人へのアプライを無理強いしたり、すぐに転職するよう急かしたりすることは一切ありません。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください。

出身業界から転職事例を探す

転職時の年代から転職事例を探す

なお、その他の事例については、以下のリンクよりご参照ください。

転職成功事例Vol.1はこちら

転職成功事例Vol.2はこちら

転職成功事例Vol.3はこちら

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。