転職成功体験記「メガバンクから日系大手アセットマネジメント会社へ」

メガバンクのリテール営業から、日系大手アセットマネジメント会社の国内機関投資家営業へ転職されたW・Kさん(20代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。アンテロープをお選びいただいた理由やご本人からのメッセージも、あわせてご紹介いたします。

W・Kさん(20代/男性)私立大学卒
BEFORE
[リテール営業]メガバンク
AFTER
[国内機関投資家営業]日系大手アセットマネジメント会社

W・Kさんは新卒でメガバンクに入社し、個人向けに資産運用商品などを提案するリテール営業に従事。その後グループの証券会社への出向も経験し、取り扱う運用商品の幅を広げましたが、さらに専門性を高めたいと考え転職活動を始めるに至りました。

担当コンサルタント:林

前職までのご経歴と、転職の背景にあった思いなどについて教えていただけますでしょうか。

W・Kさん

幅広い業界業種の方に携わることで知見を広げることができること、資産運用の重要性が高まっている社会情勢であったので自身の将来のためにもなると考え、新卒でメガバンクに入社しリテール営業に従事しました。投資信託などの幅広い運用商品の提案に加えて、銀行の貸出業務も経験しました。また、資産運用の専門性をより高めるために、グループ会社の証券会社に出向し、銀行では取扱いのない、運用商品のセールスにも従事しました。出向期限が終了した段階で、さらに専門性を高めたいと考え、転職を決意した次第です。

担当コンサルタント:林

転職エージェントとしてアンテロープを選んだ理由をお聞かせください。

W・Kさん

きっかけは、ある転職サイトを通じて担当の林さんからご連絡をいただいたことです。それまでもいくつかの転職サービスを利用していましたが、以前からアンテロープのことは金融業界、コンサルティング業界に強みがあると聞いたことがあったので、登録に至りました。

担当コンサルタント:林

アンテロープのサービスで有益だと思われたのは、どんな部分だったでしょうか。

W・Kさん

案件数が豊富であるうえに、面談を重ねるにつれて、私が考えていなかった分野の紹介をしていただけたことです。自身では無理だろうと考えていた業界の案件も紹介していただき、転職成功後のステップアップのプランも実例を用いて提案してくださいました。また、自身で調べていて興味を持った会社があったのですが、その時点でアンテロープとその会社にリレーションがなかったにも関わらず、先方にコンタクトを取っていただき親身に対応してもらえたこともありがたかったです。

担当コンサルタント:林

ご入社し実際に働き始めてみて、どんな感想をお持ちでしょうか。

W・Kさん

現在は法人営業に携わっています。個人営業では携わることがなかったであろう、VCファンドの提案なども可能になり、新しい分野に挑戦できている環境があります。相手もプロの投資家であり、日々の努力や勉強などが不可欠ですが、専門性を高めスキルアップを図れる環境であり充実感を得ています。

W・Kさんからのメッセージ

資産運用業界は採用頻度や人数が少なく、未経験者には門戸が狭いと聞いたことがありますが、その分野に強い担当者の方と対策をすれば可能性は十分あると思います。人材についても流動的な部分があるようなので、応募できるタイミングを逃さないことが大事だと思います。

この事例を担当したのは、
弊社コンサルタントの林徹です

林 徹/ Hayashi Toru
【経歴】
大阪市立大学法学部卒。新卒で三井住友銀行へ入行し法人営業や大企業取引、SMBC日興証券人事部への出向等、幅広く業務を経験。その後、外資系生命保険会社へ転職し、個人・法人へのコンサルティング業務に従事。10年超にわたる銀行、証券、保険会社での業務経験を生かして一人でも多くの方々の決断をサポートし、豊かなキャリアを送るきっかけを作りたいと考え、アンテロープに参画。

【担当領域/実績】
アセットマネジメント、銀行・証券のセカンダリー/投資銀行部門などを担当。金融機関における幅広い業務経験と人事経験をもとに、金融機関勤務の方々のキャリア支援やアドバイスに強みを持つ。