シーヴィーシー(CVC)・アジア・パシフィック・ジャパン株式会社 企業情報

シーヴィーシー(CVC)・アジア・パシフィック・ジャパン株式会社

会社概要
シティグループのVC部門を出自とするPEファンド、CVCキャピタル・パートナーズの日本法人。日本を含むアジア太平洋地域および欧州で総額、約419億米ドル(約3.4兆円)の運用を行っており、現在までに300社を超える投資実績を有する。欧州では、1981年以降で総額351億米ドル(約2.8兆円)以上のファンドを運営しており、欧州における最大規模の資金を運用する、最も歴史の古い投資会社のひとつ。日本を含むアジア太平洋地域においては、1999年に香港で「CVC Asia Pacific Limited」を設立して以降、数多くのマネジメント・バイアウトをサポートしている。現在、アジア太平洋地域では最大規模となる総額約4000億円以上のファンドを運用しており、潤沢な資金を背景に日本、中国をはじめアジア各国において、投資・経営支援を進めている。

日本では、SBIホールディングスからの信和(建築用足場メーカー)株式買収、テクノプロ(技術系総合人材サービス企業)グループのMBOのほか、すかいらーく、タワーレコード、ミスター・ミニットなどへの投資実績がある。2018年2月現在では、「おそうじ本舗」などの各種FCサービスや介護サービスを展開するHITOWAホールディングス、丸紅系通信サービス大手のアルテリア・ネットワークスなどへ投資している。

代表の赤池氏は東京大学大学院を修了後、米国PwCに入社。その後マッキンゼーにて経営コンサルティングに従事。2002年にアドバンテッジ・パートナーズに参画した後は、数々のディールを担当してシニアパートナーにも就任。2015年にCVCアジア・パシフィック・ジャパンに参画、現職に就任。 
投資実績
タワーレコード株式会社
昭和薬品加工株式会社
信和株式会社
ミニット・アジア・パシフィック株式会社
株式会社すかいらーく
テクノプロ・ホールディングス株式会社(旧グッドウィル・グループ)
アルテリア・ネットワークス株式会社
HITOWAホールディングス株式会社(旧長谷川ホールディングス)
株式会社りらく 
社内ヒエラルキー
インベストメントエグゼクティブ、インベストメントディレクター、ディレクター、マネジングディレクター、シニアマネジングディレクター、パートナーという社内ヒエラルキーとなっている。 
関連書籍
『これがMBOだ!』CVC、島田晴雄(かんき出版) 
出身者の一例
水上圭(JPインベストメント株式会社 代表取締役副社長) 
設立
2003年 
沿革
2005年 前身のCVCアジア・パシフィック・コンサルタンツ・ジャパン株式会社設立
2006年 CVCアジア・パシフィック・ジャパン株式会社に社名変更 
コアメンバー
代表取締役社長 パートナー 赤池敦史 
所在地
東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング32F 
URL
http://www.cvc.com/
トピックス
CVCキャピタル、日本投資は消費財・流通・ヘルスケアなどに注力(2014/12/16 ロイター)
日立と英CVC、東芝傘下のランディス・ギア買収を提案(2017/04/25 ブルームバーグ)
アクゾの特殊化学品部門、共同買収案をCVCとKKRが検討(2017/07/28 ブルームバーグ) 

ここでは「シーヴィーシー(CVC)・アジア・パシフィック・ジャパン株式会社」の企業情報をご紹介しました。PE/投資ファンド業界への転職をお考えですか? ハイクラス転職に関連する最新マーケット情報を、弊社のLINE公式アカウントで優先配信しています。継続的に情報収集したい方は、この機会に以下のリンクから「友だち追加」してみてください。

LINE友だち追加する(無料)

友だち追加

以下では類似する業界、職種の具体的な求人情報をご案内しております。ぜひ、ご参照ください。

チェックをした求人数:0

174件中 / 1~10件を表示