ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア株式会社 企業情報

ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア株式会社

会社概要
本社を構える香港のほか、北京、デリー、東京、シンガポール等に拠点を持つ、アジア最大級のプライベート・エクイティ・ファンド。運用資産額は160億米ドルを超え、160名以上のプロフェッショナルが、事業拡大、資本再構成、M&Aにむけた資金を必要とするアジアの中堅企業(企業総価値が1億~5億米ドル)に対する投資を行っている。現在の投資先はアジア地域において30社を超え従業員数は15万人以上、2017年度売上高の総計は291億米ドルとなっている。

日本ではこれまで、食事クーポン券大手のバークレーヴァウチャーズ、精密金属部品メーカーのラドヴィック、給与計算業務代行業のペイロール、宝飾品小売のプリモ・ジャパン、ホームセンターのジョイフル本田などへの投資実績がある。
2014年には、AV機器メーカーのオンキヨーとともに、パイオニアのAV機器事業を買収と発表したが、出資額が折り合わず撤退した一方で、11月に医薬品の受託製造を手掛ける武州製薬を約770億円(負債を含む)で買収した。
2018年、経営再建中のパイオニアとスポンサー支援に関する基本合意書を締結、総額500億~600億円の出資の意向を発表した。

日本拠点代表のプリディーク氏は、早稲田大学で学んだ経験もあり日本語堪能。米系投資銀行のワッサースタイン・ペレラ(現ドレスナー・クラインオート・ワッサースタイン)でM&A業務や事業再生を手掛けた後に、リップルウッドの日本拠点に移りトランザクションの統括を担当。2006年ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアに入社。 
設立
1997年 
沿革
1762年 英ロンドンにマーチャント・バンクのベアリング設立
1995年 ベアリングが破たん、スイス大手金融グループのING傘下に入る
1997年 ベアリングのアジアPE部門が幹部によるMBOによって独立
2000年 INGよりMBOにて独立 
コアメンバー
代表取締役、日本拠点代表 シェーン・プリディーク 
所在地
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー37階 
URL
http://www.bpeasia.com/
トピックス
パイオニアがAV機器事業を売却、オンキヨーと共同運営へ(2014/06/24 ロイター) 

ここでは「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア株式会社」の企業情報をご紹介しました。PE/投資ファンド業界への転職をお考えですか? アンテロープは豊富な実績を持つプロフェッショナル向け転職エージェントです。ご登録いただければ、弊社コンサルタントからさらに詳しい内部情報や採用状況についてご案内いたします。
転職支援サービスの流れについてご確認のうえ、下のボタンよりエントリーフォームへお進みください。

チェックをした求人数:0

83件中 / 1~10件を表示

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。