マクサス・コーポレートアドバイザリー株式会社

第1回:ミドルサイズならではの案件の「手触り感」に醍醐味

マクサス・コーポレートアドバイザリー株式会社
代表取締役社長 森山 保
PROFILE

東京大学経済学部在学中に公認会計士2次試験に合格、太田昭和監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)に入所。国際部で監査経験を積んだ後、2001年にスターンスチュワートに入社して財務コンサルティング業務に従事。2002年に野村企業情報(現野村證券企業情報部)に入社し、M&Aおよび企業再生業務に携わる。2007年にフロンティア・マネジメントの創業に参画し、ファイナンシャルアドバイザリー部門を統括。2013年に独立して当社を設立し、現職。公認会計士・米国公認会計士。

目次
  1. -日本には中規模案件にしっかり対応するアドバイザーが少ない
  2. -タイトルで業務の範囲が決まるような時代ではない
  3. -規模や量の拡大だけを目指すのはナンセンス
日本には中規模案件にしっかり対応するアドバイザーが少ない
近年、日本でもM&Aという言葉が一般に浸透し、大型ディールに関する報道を毎日のように目にするようになりました。それにともないM&Aアドバイザーも増えてきた中、特にミドルサイズの案件に焦点をしぼって最高の技能とサービスを提供するために設立されたのが、今回ご紹介する「マクサス・コーポレートアドバイザリー」です。独立系かつ少数精鋭でありながら毎年のようにリーグテーブルにランキングされる気鋭のFAの実像について、代表の森山様に詳しく伺いました。
はじめに、森山さんのご経歴をお聞かせいただけますでしょうか。
森山
私はもともと監査法人出身でして、大学在学時から当時の太田昭和監査法人の国際部で監査の経験を積みました。その後、スターンスチュワートという財務コンサルティングファームを経て、野村證券でM&Aアドバイザリーの仕事に携わりました。2007年にフロンティア・マネジメントが設立された際、創業メンバーとして参画し、ファイナンシャルアドバイザリー部門を統括しました。そして、2013年に弊社を創業し、現在に至ります。
M&Aの世界に入ったのは野村證券にジョインしたところから、ということでしょうか。
森山
本格的にはそうですね。ただ、監査法人やスターンスチュワートにいたころからコーポレート・ファイナンス、つまりバリュエーションやデューデリジェンスには関わっていたので、その意味ではもっと長いですね。
フロンティア・マネジメントへの参画には、どういった背景があったのでしょうか。
森山
フロンティア・マネジメントが設立された2007年は、ちょうど産業再生機構が解散するタイミングと重なりました。機構の解散後に主要メンバーがフロンティアを立ち上げるということで、M&Aの部門を統括しないかというお話を頂きました。新しい組織であるというワクワク感もありましたし、野村のような大きな組織ではできないような柔軟な仕事もできればとも思っていました。
そして、2013年にマクサス社を設立されました。
森山
M&A業務に長く関わる中で、日本には中規模案件に対応できるしっかりとしたアドバイザーが少ないという印象を持っていました。フロンティアでもそういう問題意識を持っていましたが、創業から年月が経ち、会社規模が大きくなるにつれて、扱う案件の規模が大きくなってきたので、それであれば自分でやっていこうという思いが強くなり独立しました。いまだに日本にはミドルマーケットを軸に据えている会社はあまりないと思っていますので、業界でも非常にユニークな存在なのではないかなと思います。
意識している競合の会社などはありますでしょうか。
森山
特に意識している会社はありません。広義のアドバイザリーと捉えれば、証券会社もブティック系もすべて競合になりますが、いつも競合しているような会社はいないと考えています。競合を意識するよりも、自分たちのレベルを上げて、お客様の満足度を上げることしか考えていません。

この企業の募集中ポジション

企業プロフィール

マクサス・コーポレートアドバイザリー株式会社

ミドルサイズのM&A案件に対して最高の技能とサービスを提供することを目指す、独立系M&Aアドバイザリー会社。規模を追わず少数精鋭主義を貫いているが、創業年から早くもトムソン・ロイター発表のリーグテーブルにランキングされるなど、中規模市場におけるファイナンシャル・アドバイザーとして大きな存在感を示している。ブルームバーグ公表の日本M&Aアドバイザーランキング(件数)では、2016・2017年度ランキングで2年連続9位となっている。

当サイト内のマクサス・コーポレートアドバイザリー株式会社 企業情報も、ぜひご覧ください。

関連記事