エンデバー・ユナイテッド

第2回:“守破離”の精神でファンドの可能性を最大化したい

エンデバー・ユナイテッド
成田 修平  アソシエイト
PROFILE

東北大学経済学部在学中に公認会計士試験に合格し、あずさ監査法人にて会計監査業務に従事。2015年、小売流通業界に特化したコンサルティングファームであるカート・サーモン(現アクセンチュア)に転職し、全社戦略、営業戦略の策定・実行支援、事業デューデリジェンス等のコンサルティングに従事。2017年に当グループ入社。上越印刷工業、マルキンアド、トータルメンテナンスジャパンを担当。

目次
  1. -監査法人、コンサルファームを経てファンドへ
  2. -外部と積極的に接して自分の引き出しを増やす
  3. -投資先、投資家の思いを背負い、進むべき道を示す
監査法人、コンサルファームを経てファンドへ
和製老舗ファンド「エンデバー・ユナイテッド」インタビュー特集第2弾です。今回は監査法人、コンサルティングファームを経てご入社されたアソシエイトの成田様にご登場いただき、これまでのキャリアの変遷や若手から見たエンデバーの魅力について語っていただきました。
まずは成田さんのご経歴をお伺いできますでしょうか。
成田
大学時代に、ある講義で監査法人の方が登壇される機会がありました。専門性の高さと、活躍可能なフィールドが広い点に魅力を感じ、自分も会計士試験を目指すことにしました。合格後は、あずさ監査法人に入所し、国内外のグローバル企業の会計監査などを6年ほど手掛けた後、コンサルティングファームであるカート・サーモンに移りまして小売業界のクライアントを中心に全社戦略の策定や実行支援などに携わりました。当グループには2017年に参画し、現在は3社の投資先を担当しております。
監査法人とコンサルティングファームというのは性質の異なる世界だと思いますが、最初の転職の背景を教えていただけますか?
成田
監査法人では様々な機会に恵まれ、やりがいもステップアップしている感覚もありましたが、同時に、顧客企業にとって根幹である経営・事業面における課題に対し、自身がまったくの部外者である現状を歯がゆく感じるようになりました。会計士として企業の結果を視る側から、結果を産むための方策を実行し、成果の実現まで携わることをキャリアの中心に据えたいと考えるようになりました。事業会社に進むという選択肢も考えましたが、業務を通じて複数の会社に影響を与えられるということと、早いうちから経営や事業運営の実態に触れる機会を得たいと考え、コンサルティングファームへの転職を考えるようになりました。入社したカート・サーモンはグローバルファームであり、戦略の策定から実行までをハンズオンで支援するスタイルである点が自身の志向にマッチしました。また、小売流通業界に特化したファームで、自身の軸となる業界を持てるという点も魅力に感じました。
そして2017年にエンデバー・ユナイテッドに参画されるわけですが、この時は他にも何社かアプライしたのですか?
成田
そうですね、いくつかのファンドにお話を伺いました。その中で当社を志望したのは、投資からバリューアップまでを一気通貫で担当でき、自身のこれまでの経験が活かせると考えたこと、業界トップクラスの案件数を誇ることから、より多くの成長機会に恵まれるだろうと考えたためです。
入社後、仕事の面で想像とのギャップはありましたか。
成田
入社初日から投資先の会議に参加させていただくなどしましたが、バリューアップ活動に関しては前職との共通項も比較的多く、スムーズにキャッチアップすることができたと思います。一方で、コンサルティングに比べステークホルダーが多く、かつ投資という業態でもあるため、意思決定に際してより多角的に考えを巡らせる必要がある、というのはファンドで初めて経験する感覚でした。それと、法務面についてはこれまでほとんど土地勘がなかったので、入社後にゼロから積み上げる必要がありました。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

エンデバー・ユナイテッド

国内機関投資家の資金を国内企業に対する投資によって運用している、和製投資ファンド。2002年にフェニックス・キャピタルとして設立されて以降、業界最古参の一角として事業承継・カーブアウト、事業再生等の案件に取り組んでいる。2016年以降は投資業務をエンデバー・ユナイテッドに移管。「にっぽんのための投資ファンド」、「ともに汗をかくハンズオン投資」を掲げ、これまでに約3000億円のファンドを組成(約2600億円を投資)、通算の株式投資件数は50社超と、国内最大級の実績を誇る。

当サイト内のエンデバー・ユナイテッド 企業情報も、ぜひご覧ください。

関連記事