アスパラントグループ株式会社

第2回:案件一つ一つに感謝の気持ちをもって投資する

アスパラントグループ株式会社
申 祐一 マネージングパートナー
PROFILE

1995年に新卒で山一證券に入社して以降、複数の証券会社において、IPO・CB・WBの引受・シンジケート、証券化商品のストラクチャリング等のコーポレートファイナンス業務に従事。2003年に産業再生機構に入社し、スカイネットアジア航空㈱の事業再生スキームの策定から、その後の業務改善にも尽力。2006年に日興アントファクトリー(現アント・キャピタル・パートナーズ)に入社し、オーナー事業承継、TOBを含む複数案件の投資実行、ハンズオン、エグジット交渉を担当。2013年よりアスパラントグループに参画し、現在は投資チームを管掌している。

目次
  1. -計画通りいかない苦労を乗り越えることで投資の仕事に魅了される
  2. -難しく見える案件にも深い洞察で新しいチャンスが
  3. -謙虚に周りの協力を得ることで、組織として結果を出す
難しく見える案件にも深い洞察で新しいチャンスが
アスパラントにおける投資業務の基本となる姿勢や考え方があれば教えてください。
案件が潤沢にはなかった設立当初から、アスパラントでは一つ一つの案件を大事に検討していました。8年目を迎えた現在、おかげさまで年間300件ほど案件のご紹介をいただいていますが、これは当時からアスパラントが築き上げてきた信用、信頼のもとではじめて実現できたことだと思っています。今も投資案件一つ一つを、感謝の気持ちをもって大切に検討することをモットーにしています。
その具体的な表れとして、調査をする時に闇雲にツールに頼るのではなく、自分の頭と手足を使ってしっかりと向かい合うということがあります。今は便利なツールも多いですし、情報も様々なルートから入ってきますが、誰かがこう言っていたからなどと安易に考えるのではなく、地に足の着いた姿勢で細かなリサーチも怠らずにやっていきます。人間誰でも簡単に儲かる案件をやりたがりますが、一見難易度が高そうな案件でも良く調べてみたらキラリと光るものがある、改善ののりしろがあると分かることがあります。深い洞察によって新たなチャンスを得ることが出来るということはこれまでの経験から実感していますし、そうした調査分析の姿勢は重視しています。
業務の基本的な流れとしては、ソーシング会議が週1回行われており、各担当者が行った簡易的な調査をもとにその先へ進めるかどうかを議論します。検討の過程で先ほど申し上げた事業支援チームの協力なども仰ぎながら、最終的なデューデリジェンスへと進めていきます。どうしても投資チームはバイアスとして投資したいという姿勢に偏りがちですが、我々はしっかりとリスクも共有したうえで、多様な視点からオープンに議論するという姿勢を大事にしています。
これまで申さんが手掛けた中で、印象深い案件があれば教えてください。
アスパラントグループ申様インタビューカット2
個人的に印象に残っているのは、北陸地方でのある投資案件です。最初は金融機関からご紹介をいただいて、その会社のオーナー様にお会いする機会をいただきました。そこから月1回ほどのペースで東京から通いましたが、お会いすること自体は出来るものの、いつまで経っても会社の内情などは教えていただけませんでした。後から振り返ってみてなるほどと思ったのですが、一例で申し上げると、当時我々がベーシックな質問として求めていた売掛金・買掛金の内容は、その会社の事業にとってはビジネスモデルの根幹をなす仕入れ先、販売先の重要な情報で、利益の源泉に直結するものだったんですね。当時は、そこが分かっておらず、いつまで経ってもオーナー様の心を開いてもらえないと感じていて、そんなもどかしい状況が1年以上続いていました。
資料のやり取りが難しい以上、やり方を少し工夫しなければいけないと考え、会社・事業に対するアスパラントの熱い想いを伝えられる方法を探りました。それで思いついたのが、現場を見ることで、1週間まるまる使って会社の中を見学させていただくことを提案しました。事業支援チームの協力をいただき、4つある工場を1日1カ所ずつ、残りの1日でそれ以外の営業部門などを見させていただいた上で、現場で得られた理解を資料にまとめてお持ちしたところ、ようやく少し認めていただけるようになり、そこからはゆっくりとですが胸襟を開いてお話しすることが出来るようになっていきました。結局、投資実行まで2年近くかかった案件だったのですが、地道な工夫とコミュニケーション次第で物事が進むことがあると教えてもらったという意味で、とても思い出深い案件でした。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

アスパラントグループ株式会社

2012年に設立された国内独立系PEファンド。自らを「働く株主」と捉え、投資先企業の経営層とパートナーシップを築いたうえで、収益性改善と継続的成長をハンズオンで支援する。1号ファンドは83億円で、6社に投資済み。2号ファンドと2号bファンドはあわせて348億円、既に13社に投資済み。2019年にクローズした3号ファンドの規模は約500億円となっている。

当サイト内のアスパラントグループ株式会社 企業情報も、ぜひご覧ください。

求人検索

絞り込み検索

業務内容

年収

こだわり条件

キャリアレベル

雇用形態

  • 金融機関/金融プロフェッショナル
    選択中
  • コンサルティングファーム
    選択中
  • スタートアップ/ベンチャー企業
    選択中
  • 事業会社(マネジメント/M&A関連)
    選択中
フリーワードから求人を探す

関連記事

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。