リヴァンプ

第1回:CxOを目指す人に最適な、経営実践プロフェッショナルファーム

リヴァンプ
(写真左)大山 拓也 取締役 執行役員CFO (写真右)山田 健太郎 シニアアソシエイト
PROFILE

(大山)東京大学経済学部卒業後、2000年に朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)入所。財務諸表監査、内部統制構築支援コンサルティング等に従事する。米ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院にてMBAを取得した後、ゴールドマン・サックス証券に入社。投資銀行部門にてクロスボーダーM&Aや資金調達アドバイザリー業務を10年以上にわたり手掛けた後、日系PEファンドのインテグラルに入社し、バイアウト投資、投資先のバリューアップ業務等に従事。2020年4月にリヴァンプに参画、取締役執行役員CFOに就任。関連会社のナインアワーズの取締役を兼任。
(山田)九州大学経済学部卒業後、2017年に新卒でコロプラに入社。経理部にて管理会計、開示関連業務を手掛けた後に経営企画部に異動し、予算編成やM&Aの検討実行、PMIなどに2年間ほど従事。2020年にリヴァンプに参画、経営支援チームのメンバーとしてクライアント企業の中期経営計画策定をサポートするなどのハンズオン経営支援に携わる。

目次
  1. -機能別ユニットの設置で再現性のある経営支援を実現
  2. -過去の実績は50件以上、投資家としてもユニークな存在
  3. -若手にも実践の機会を与え、経営プロフェッショナルをどんどん輩出していく
機能別ユニットの設置で再現性のある経営支援を実現
2016年からファミリーマート社長を務め現在は同社副会長を務める澤田貴司氏と、ファーストリテイリング、ローソンのトップを歴任し2021年からロッテHD社長に就任した玉塚元一氏。日本を代表する2人の著名プロ経営者が2005年に設立した経営支援・コンサルティング会社が「リヴァンプ」です。クライアント企業に深く入り込みハンズオンによる経営改革支援を行ってきた同社のこれからの新たな方向性について、CFOの大山様と事業会社から転身されてきたシニアアソシエイトの山田様にお話を伺いました。
まずはお二人それぞれのご経歴をお聞かせください。
大山
私は大学を卒業後、朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)に入社し、公認会計士として社会人キャリアを始めました。そこで数年間、財務諸表監査や内部統制構築支援コンサルティングに従事し、その後米国でMBAを取得して、ゴールドマン・サックス証券の投資銀行部門に入社しました。GSでは約11年間、主にクロスボーダーM&Aや資金調達業務に従事していました。リヴァンプに入る前は日系PEファンドのインテグラルで2年ほどバイアウト投資を手掛け、投資先企業のバリューアップに努めるという仕事をしていたのですが、GS時代に一緒に働いていた千田(勇一、リヴァンプ取締役執行役員)から「リヴァンプで投資業務をやってくれないか」という誘いを受けまして、投資業務とリヴァンプ本体のCFO業務、さらにファイナンス領域での経営支援にも力を発揮できるのではないかと考え、2020年の4月にジョインしました。

山田
私は2017年に、新卒でスマホ向けゲーム会社のコロプラに入社しました。経理部に配属され、連結決算や管理会計、開示関連業務などを一通り経験させていただいた後に、経営企画部に異動しました。そこでは予算作成やM&Aの検討実行などに携わったのですが、その中で買収先に出向して行ったPMI業務が非常に面白かったのでもっと同様の経験を積みたいと思ったのと、私も公認会計士資格を取得していまして将来CFOを目指したいという希望があったため、それに資する専門性を高めたいと考えて転職活動に入りました。
リヴァンプへのご入社はどういったご縁だったのですか?
山田
転職活動をしている中でアプライしたうちの1社だったのですが、その際に面接官だったのがまだ入社直後だった大山でして、これからリヴァンプではファイナンス系の経営支援に力を入れていくという話を聞き、自分の目指す方向性と合致していると思い入社を決めたという次第です。
では、経営支援チーム全体について伺えますでしょうか。
リヴァンプ大山様インタビューカット
大山
チームとしては、執行役員が3名、シニアマネージャーとマネージャーが5名、その下にシニアアソシエイトとアソシエイトがいて全体で約30名の陣容となっています。その中に主にファイナンス系の課題解決に取り組むCFOユニットをはじめ、COO/CSOユニット、CMOユニット、CIOユニットといったように支援領域ごとのユニットが複数存在します。私はCFOユニットを率いています。ただ、機能としてユニットは分かれているものの、メンバーは共有されている部分もありますので、緩やかな組織構成だとご理解いただければと思います。チームのコンセプトとしては、これまで比較的メンバー個人のスキル/経験に依拠した経営支援を行ってきたリヴァンプのやり方を見直し、マーケティング、ファイナンス、ITなどの要素に経営を分解してそれぞれ技術を活用し、再現性のある経営支援サービスを提供していこう、というものになっています。
案件の引き合いはどういったところからくることが多いのでしょうか。
大山
既存顧客のリピートや、そこから評判を聞いてお問合せをいただくことが多くなっています。また、近年はPEファンドが投資実行した後の投資先企業の経営をサポートするといったケースが多くなっていますが、同じPEでも例えば外資系は精緻なレポーティングに重点を置くのに対して、日系では事業そのものの改革を重視するといったように、各社ごとに異なる提供価値を求められます。それらに対してリヴァンプは十分なサービスを提供出来るだけの力をつけてきていますので、今後はそれを梃子にしてクライアントポートフォリオの幅をさらに広げていこうと考えています。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

リヴァンプ

澤田貴司氏(現ファミリーマート副会長)と玉塚元一氏(現ロッテHD社長)という著名経営者によって2005年に設立された経営コンサルティング会社。現在は創業当時からのメンバーであり、アクセンチュア出身の湯浅智之氏が代表を務める。「企業を芯から元気にする」を理念とし、経営企画、業務改善、DX支援といった通常のコンサルティングの範疇に縛られず、CXOとしてクライアント先に入り込む経営執行支援、スタートアップへの投資活動や自ら事業運営を手掛ける会社を保有するなど、様々なソリューションでクライアントの企業価値向上を目指し、同時に多くの優秀な経営人材の輩出を目指している。

当サイト内のリヴァンプ 企業情報も、ぜひご覧ください。

求人検索

絞り込み検索

業務内容

年収

こだわり条件

キャリアレベル

雇用形態

  • 金融機関/金融プロフェッショナル
    選択中
  • コンサルティングファーム
    選択中
  • スタートアップ/ベンチャー企業
    選択中
  • 事業会社(マネジメント/M&A関連)
    選択中
フリーワードから求人を探す

関連記事

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。