Laboro.AI

第2回:机上の研究ではなくビジネスに直結したAIを

Laboro.AI
中野 達之 シニアソリューションデザイナ
(リモート参加)吉岡 琢 リード機械学習エンジニア
PROFILE

(中野)北海道大学大学院農学院修士課程修了。農林中央金庫にて金融リスク分析業務に携わった後、アクセンチュアおよびKPMGコンサルティングにて大手金融機関向けのデータ管理システムや、自然言語処理を用いたデータ分析ソリューションの開発支援に従事。2020年にLaboro.AIに参画。
(吉岡)奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士後期課程修了。在学中より確率モデルによる情報処理の研究に従事。修了後、機械学習による脳活動、行動計測、人流データの分析、深層学習によるロボット制御を経験。2019年にLaboro.AIに参画。

目次
  1. -「お客様のニーズありき」で機械学習モデルをカスタマイズ
  2. -一気通貫でプロジェクトを担当することが大きな達成感に
  3. -ガッツと知的好奇心をもって自走できることが重要
「お客様のニーズありき」で機械学習モデルをカスタマイズ
気鋭のAIベンチャー「Laboro.AI」インタビュー特集の第2回目です。今回は営業やコンサルティング、プロジェクトマネジメントなど広範な業務を担い、同社でソリューションデザイナとして活躍中の中野様と、生粋の機械学習エンジニアである吉岡様にご登場いただき、両者が二人三脚で顧客の課題解決に向き合うLaboro.AIならではの仕事のスタイルなどについてお話しいただきました。なお、地方在住の吉岡様にはリモートでの取材となりました。
お二人のご経歴と、入社までの経緯をお聞かせいただけますでしょうか。
中野
金融機関、コンサルティング会社2社を経て、Laboro.AIは4社目となります。1社目の金融機関ではリスク管理部門に所属し、融資資産や株式・債券などの金融資産がどのくらいの確率でどの程度損失を出す可能性があるか、ということを統計的に計算分析する業務を担当していました。そこでデータ分析の面白さを知り、金融よりはデータ分析という軸でキャリアを作っていきたいと考えるようになり、コンサルティング会社に転職し、金融機関向けのデータ分析やAI開発といったプロジェクトを経験しました。その中で、コンサルティング会社はAIそのもののケイパビリティを強く持っているわけではないということが分かり、もう少し本腰を入れてAI開発に携わりたいと思うようになりLaboro.AIに参画しました。

吉岡
私は奈良先端科学技術大学院大学に在学中から、機械学習の応用研究をしていました。大学を出てから何社かの企業でさらに機械学習分野を深く掘り下げていったのですが、これらの会社はどちらかというと研究開発寄りというか、実際に世に出るソリューションとは違う段階で仕事をすることが多かったように感じます。一方で、Laboro.AIはよりビジネスに直結している、ビジネスの最前線で活躍している人たちと一緒にAI開発が出来る、という部分に魅力を感じましたし、その上でエンジニアとしても十分に力を発揮できる環境が整っていると思い、入社を決めました。
中野さんはコンサルティングファームから転職されて、どんな違いを感じましたか。
Laboro.AI中野氏吉岡氏インタビューカット1
中野
コンサルタントやエンジニアがいるという部分では、Laboro.AIもコンサル会社も人材のプールとしてはそこまで差がないと思っています。一方で、それらの人材がどのようにお客様に向き合っていくかというのが大きく違うポイントだと感じます。コンサルティングファームではコンサルタントとエンジニアの立ち位置がはっきり分かれていて、コンサルタントが要件を決めたらあとはエンジニアに任せっきりというような、ウォーターフォール型の仕事の流れになるケースが多いと思います。当社ではソリューションデザイナとエンジニアが最初の営業の段階から二人三脚でお客様と向き合い、そのまま最後まで深くかかわっていきます。そもそもAIの案件はやってみるまで分からない部分がありますので、ソリューションデザイナとエンジニアがそれぞれの観点から、このプロジェクトがお客様にとってのバリューが提供できるかどうかを深く話し合うことが重要になります。

吉岡
自己紹介で申し上げたように、前職までは何を研究開発するかというテーマが最初にあったのですが、今の仕事の進め方はまず「お客様のニーズありき」です。そのニーズに沿って機械学習モデルをカスタマイズし、開発を進めていく中で、単にデータを観測していても見えていなかった部分に気づくことも多々あり、自分でも日々勉強になっています。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

Laboro.AI

「カスタムAI」と銘打ち、クライアントの課題に沿った、オーダーメードの機械学習アルゴリズムを開発・提供するAIスタートアップ企業。2016年の設立以来、大手自動車メーカーやインフラ企業、人材サービスから保険会社にいたるまで、様々な大企業のイノベーションの共創パートナーとして、ビジネスとAI技術をつなげるスペシャリスト集団。社内メンバーの約半分がエンジニアであり、アカデミア(学術研究)から発信される最先端の機械学習技術をベースにしたカスタムAI開発を強みにしている。

当サイト内のLaboro.AI 企業情報も、ぜひご覧ください。

求人検索

絞り込み検索

業務内容

年収

こだわり条件

キャリアレベル

雇用形態

  • 金融機関/金融プロフェッショナル
    選択中
  • コンサルティングファーム
    選択中
  • スタートアップ/ベンチャー企業
    選択中
  • 事業会社(マネジメント/M&A関連)
    選択中
フリーワードから求人を探す

関連記事

インタビュー特集 企業から探す

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。