フロンティア・マネジメント

第2回:幅広いテーマを身近に感じられる“成長加速”ファーム

フロンティア・マネジメント
川島 一誠 アソシエイト
PROFILE

早稲田大学を卒業後、独立系商社へ入社。海外営業に約3年間携わった後、リクルートへ転職し、事業承継に関する新規事業の立ち上げを行う。多数の企業売却に携わる中で、経営を根本からサポートしたいと考えコンサルティング業界への転身を決意。2022年にフロンティア・マネジメントに参画。

目次
  1. -会社売却の相談を受ける中で、思いは経営のサポートへ
  2. -覚悟しての入社も、思いのほかウェットだった人間関係
  3. -投資、M&A、経営執行…社内に様々なプロジェクト
会社売却の相談を受ける中で、思いは経営のサポートへ
経営コンサルティングとM&Aアドバイザリーの2つを軸に、クライアント企業の収益改善をハンズオンで支援するプロフェッショナルファームが「フロンティア・マネジメント(FMI)」です。今回は事業会社2社を経てFMIに入社され、現在は統合戦略部でご活躍中の川島様に、入社に至った経緯や実際の働き方などについてお伺いしました。
これまでのご経歴をお聞かせください。
川島
高校と大学で留学を経験していたので、海外との懸け橋になる仕事という軸で就職活動を行っていました。当時、コンサルティングファームも受けましたが、あえて実業にこだわり、独立系商社へ入社しました。商社では3年ほど海外営業に携わり、毎月海外出張をしながら世界中の原料を調達・販売するという仕事内容にやりがいを感じていました。一方、日系企業特有の年功序列が根強く残る会社であったため、自身の成長のスピードを加速させたいと思い、リクルートへ転職しました。
リクルートでは、事業承継に関する新規事業の立ち上げメンバーとして入社しました。当初はコールドコールを50~100件/日程度泥臭くしながら、事業拡大のため戦略策定にも携わりました。3年ほどかけて徐々に事業がスケールし、チームメンバーが30人規模に到達した時点では、東京以東のリーダーとして組織のマネジメントと事業承継のコンサルティング営業を任されていました。組織運営に携わりながら多数の会社売却についてご相談を受ける中で「売却という決断の前に、もう少しやれたことがあるのでは」と感じることが頻繁にありました。そこで、会社の経営により深く、早い段階でサポートしたいと考え、コンサルティングファームへの転職活動を始めました。複数のファームから内定をいただきましたが、きれいな絵を描くだけでなく、現場に近いところで実行支援をして成果を出すファームという点でフロンティア・マネジメントへの入社を決めました。
現在川島さんが所属している、統合戦略部の概要について教えてください。
フロンティア・マネジメント川島氏インタビューカット1
川島
コーポレート戦略部門の中には統合戦略部、企業価値戦略部、デジタル戦略部という3つの部があり、統合戦略部は現時点でもっとも人数が多い部です。企業価値戦略部は、ESGへの取り組みやIR支援など、企業価値の向上を目指す部署になります。デジタル戦略部はその名の通り、企業をデジタルの側面から支援します。統合戦略部は戦略策定・利益改善策・オペレーション改善策を担う部署になります。クライアントの収益改善に向けて、経営代行も可能なコンサルタント集団として縛りなく戦略~実行までも考えていくのがこの部の基本的なスタンスです。

企業プロフィール

フロンティア・マネジメント

産業再生機構出身の大西正一郎氏、松岡真宏氏が中心となり2007年に設立された独立系プロフェッショナルファーム。弁護士、会計士、バンカー、経営コンサルなど多様な分野の専門家がチームを組んでクライアントの企業価値向上を追及する独自のスタイルで、創業以来成長を続ける。現在、上海とシンガポール、ニューヨーク、パリに拠点を持ち、2023年8月にはフランスのM&Aアドバイザリーファーム“Athema”にも出資を実施。今後は国内だけではなく、グローバル展開も図っていく方針。

当サイト内のフロンティア・マネジメント 企業情報も、ぜひご覧ください。

この企業で現在募集中のポジション情報

関連記事

求人検索

絞り込み検索

業務内容

年収

こだわり条件

キャリアレベル

雇用形態

  • 金融機関/金融プロフェッショナル
    選択中
  • コンサルティングファーム
    選択中
  • スタートアップ/ベンチャー企業
    選択中
  • 事業会社(マネジメント/M&A関連)
    選択中
フリーワードから求人を探す