アスパラントグループ株式会社

第4回:組織の成長に必要なことは何でもやる

アスパラントグループ株式会社
浜田 康彦 マネージングパートナー
PROFILE

大学卒業後、ゼネコンを経て、監査法人にて会計監査業務に従事したのち、2007年からは投資会社、2009年に企業再生支援機構(現 地域経済活性化支援機構)に参画し、企業投資、企業再生実務の経験を積む。アスパラントグループ参画後は、投資担当として複数の案件に関与した後、現在は管理部門のヘッドとしてファンド管理、IR、運用会社のインフラ整備を中心としたミドルバック領域を統括している。公認会計士

目次
  1. -ファンドの理念に感銘を受け、条件も聞かずに入社を決意
  2. -投資実務ではフロントメンバーと協働する場面も
  3. -投資家の信頼をいかに獲得するかに尽きる
ファンドの理念に感銘を受け、条件も聞かずに入社を決意
独立系PEファンド「アスパラントグループ」インタビュー特集最後となる第4弾は、IR業務などを手掛ける管理チームを率いるマネージングパートナーの浜田様にご登場いただきます。業界の外からは見えにくいファンド管理の実務や、そのやりがいについてお話しいただきました。
ご経歴について教えていただけますでしょうか。
浜田
大雑把に言うと、20代は建設会社、30代は前半が監査法人、後半から投資の世界に入り今に至ります。最初の建設会社ですが、私は文系出身ですので技術系ではなく事務系の人間として建設現場に入り、経理や総務はもちろん飲み会の段取りまで(笑)、事務方のあらゆる業務を担当しました。建設現場という小さな組織ではありましたが、ひとつの事業体のサポート業務を経験する中で、徐々に経営に近い感覚を持つようになりました。
その流れで自分にしっかりとした強みを持ちたいと考え、一念発起して監査法人に転職し30代で公認会計士の資格を取得しました。ここでの監査の仕事を通じて会計やファイナンスといった今につながる数字周りの基礎スキルを身につけていったわけですが、徐々に過去の数字をチェックするよりも自分で未来を変えていけるような仕事をしたいと思うようになっていきました。2000年代前半の当時は企業再生という言葉がはじめて世の中に出てきた頃で、「そんな仕事があるんだ」とずっと頭の中に残っており、そういう仕事に携わりたいと思うようになりました。そして、縁あって中村(彰利、アスパラントグループ代表取締役社長)が役員を務める企業再生支援機構(現 地域経済活性化支援機構)に参画することが出来まして、企業再生という切り口で、投資及び投資先のハンズオン支援に携わるようになりました。
機構は時限立法組織でしたので、もともといずれは民間に戻ってここで得た知識と経験を生かそうというつもりだったのですが、ちょうど自らが携わったプロジェクトがひと段落したタイミングで中村から連絡をもらい、立ち上げ準備中というファンドの話を聞くことになりました。そこでアスパラントグループの基本理念を聞き、利益先行ではなく誠実で地道な積み重ねで大きなことを成し遂げるという考え方に感銘を受け、条件も何も聞かないうちに「参加させてほしい」と希望し(笑)、スタートアップのタイミングで参画させていただきました。
それでは浜田さんの現在の仕事内容について教えてください。
アスパラントグループ浜田康彦氏インタビューカット1
浜田
管理部門として大きく2つの仕事があります。ひとつは投資家の皆様に安心して資金を預けていただく信用をつくること。もうひとつが社内の投資チーム、事業支援チームが円滑に業務を進められるようなサポートとインフラ整備です。
前者をさらに2つに分けると、お預かりした資金を事故が起こらないよう安全確実に管理することと、その資金がどう使われているか、すなわちファンドの投資活動や投資後の事業支援活動がどのように行われているかを、数値として正確に集計して、透明かつタイムリーにお伝えするということになります。投資先やSPC管理も含めたファンドの計数管理とIRの仕事というと分かりやすいかもしれません。これら業務に、昨日より今日、今日より明日と常に進化を意識しながら取り組んでいます。
また、数年毎の周期で、新しいファンドを組成する「ファンドレイズ」という大きな仕事もあります。
いま管理チームは何名ですか。
浜田
私含め3名です。事業会社のIR出身で海外も含む投資家とのコミュニケーションに長けたメンバー、あるいはシステムコンサルティング、上場会社の連結決算、上場準備会社の経理部立ち上げなどの業務経験を持つ、IT×仕組みづくりを得意とする会計士といったように、中心となる会計/ファイナンススキルに+αとなる各自の強みを生かして活躍しております。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

アスパラントグループ株式会社

2012年に設立された国内独立系PEファンド。自らを「働く株主」と捉え、投資先企業の経営層とパートナーシップを築いたうえで、収益性改善と継続的成長をハンズオンで支援する。1号ファンドは83億円で、6社に投資済み。2号ファンドと2号bファンドはあわせて348億円、既に13社に投資済み。2019年にクローズした3号ファンドの規模は約500億円となっている。

当サイト内のアスパラントグループ株式会社 企業情報も、ぜひご覧ください。

求人検索

絞り込み検索

業務内容

年収

こだわり条件

キャリアレベル

雇用形態

  • 金融機関/金融プロフェッショナル
    選択中
  • コンサルティングファーム
    選択中
  • スタートアップ/ベンチャー企業
    選択中
  • 事業会社(マネジメント/M&A関連)
    選択中
フリーワードから求人を探す

関連記事

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。