マーキュリアインベストメント

第1回:多様な投資機会に対応し、世界を目指す日本企業を後押しする上場ファンド

マーキュリアインベストメント
小山 潔人 取締役CIO 事業投資部長
PROFILE

東北大学法学部を卒業後、1990年に日本政策投資銀行に入社。企業投資部の創設に携わりバイアウト案件を中心に多数の案件を手掛ける。2001年に日本初のDIPファイナンスを実行し、その後のDBJにおける事業再生分野の事業立ち上げに貢献。2005年にマーキュリアの前身である「あすかDBJパートナーズ」設立に創設メンバーとして参画、2008年より取締役に就任。

目次
  1. -プロファイからエクイティ投資、そしてバイアウトファンドへ
  2. -マルチストラテジーかつクロスボーダー、多様な投資機会がある
  3. -上場企業であることが一定の信頼の裏付けに
プロファイからエクイティ投資、そしてバイアウトファンドへ
2005年に「あすかDBJパートナーズ」として産声を上げ、非常に珍しい東証一部上場している投資ファンドとして独自の存在感を放っている日系PEが「マーキュリアインベストメント」です。インタビューの第1回目では、同社の事業投資チームをリードされている小山様にご登場いただき、DBJから始まったご自身のキャリアの変遷や、現在のマーキュリアの全体像などについてお話しいただきました。
まずは小山さんのご経歴を教えてください。
小山
1990年に新卒で日本政策投資銀行(DBJ)に入社しました。札幌支店で2年働いて東京に戻り、電力や通信業界を担当した後、1999年に当時のプロジェクトファイナンス部に異動しました。ここでは、大型スーパーの不動産証券化など、プロジェクトファイナンスの枠にとらわれない多様な案件を、現在のマーキュリアのCEOである豊島俊弘(代表取締役)のもとで手掛けていきました。
2000年に民事再生法が施行されて以降、破綻する企業が増えて金融機関が不良債権処理問題に直面していく中で、民間が動けないところにDBJの支援が必要ではないかということで、DBJとして事業再生の領域に踏み出すこととなり、日本初のDIPファイナンスを実行しました。また、個別の破綻企業に直接出資するのと並行して、当時黎明期であった国内のPEファンドにもLPとして出資を行いました。
豊島(俊弘、代表取締役)は一時DBJを離れ世界銀行で働いていたのですが、2004年に金融企画室という新設された部署に呼び戻され、DBJの新しい事業領域を創出するミッションを担当していました。2005年に私もその部署に異動し、DBJの投資業務を担う会社を民間と合弁で作ることになりました。それがマーキュリアの前身である「あすかDBJパートナーズ」になります。それ以来、私は一貫して約15年、2000年前後の事業再生投資も含めれば20年近く投資業務に携わってきた、というキャリアになります。
プロファイからエクイティ投資へという流れの中で、現在のバイアウトファンドのお仕事を選んだ理由をお聞かせいただけますでしょうか。
マーキュリアインベストメント小山氏インタビューカット1
小山
まずDBJからマーキュリアに移ったのは、豊島からずっと「上場に向けて小山の力が必要だから一緒にやろう」と言われていたという人的つながりももちろん大きかったのですが、その一方で、それまで様々な投資会社を見てきて、どうせやるのであれば日本のみならずアジアを含めた世界に通用するようなユニークな投資会社を自分たちで作り上げていくのもやりがいがあるなと思ったのが理由です。
その中で、バイアウトにフォーカスしたファンドを2016年8月に作りました。DBJ時代からバイアウト投資に加え、グロース投資やベンチャー投資など様々なタイプの投資を手掛けましたが、バイアウト投資の魅力というのはやはり、株主としてすべての責任を負うという重要なポジションに自らを置きながら、投資先の会社の方々といろんな戦略を考え一緒に汗をかいて成長をサポートできるという点にあります。非常に難しい仕事であることは間違いないですが、結果を出せれば投資家へのリターンにもなりますし、我々自身の役職員の幸せにもつながるし、何といっても投資先の皆様にも成長を享受して喜んでいただけるという、豊島が言うところの「すべてのステークホルダーの幸せの総量の最大化」というものを、もっともダイナミックに体感できる、それがバイアウト投資だと思っています。
デットとエクイティ、両方の投資を手掛けてこられましたが、その違いについてはどうお感じになっていますか。
小山
特にプロファイはデットシニア中心で、それはそれで非常に大事で魅力的な仕事ですが、エクイティ投資はかかってくるプレッシャーが全然違います。リスクを取っている分、うまくいった時のリターンも投資先の方々との関係性の濃さも、返ってくるものがいろいろな意味でより大きいと常に感じています。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

マーキュリアインベストメント

「すべてのステークホルダーの幸せの総量を最大化する」ことを目指し、既成概念や国境にとらわれないクロスボーダー投資を行っている日系投資ファンド。グロースや事業承継のみならず、不動産や社会インフラ投資など、そのソリューションも非常に多岐にわたる。これまでの投資実績はライフネット生命、保険の窓口、ツノダ、水谷産業、北京中関村科金技術有限公司等。2005年に「あすかDBJパートナーズ」として設立、2013年に「ADキャピタル」に商号変更、2016年に現社名に商号変更。同年に東証二部に上場し、2017年には東証一部に指定。

当サイト内のマーキュリアインベストメント 企業情報も、ぜひご覧ください。

求人検索

絞り込み検索

業務内容

年収

こだわり条件

キャリアレベル

雇用形態

  • 金融機関/金融プロフェッショナル
    選択中
  • コンサルティングファーム
    選択中
  • スタートアップ/ベンチャー企業
    選択中
  • 事業会社(マネジメント/M&A関連)
    選択中
フリーワードから求人を探す

関連記事

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。