デロイト トーマツ コンサルティング

第2回:インダストリーのコンバージェンスにこそ新しい力が宿る

デロイト トーマツ コンサルティング
パートナー/トーマツ製造業グループリーダー 久保島 悠
PROFILE

一橋大学商学部卒業後、学部卒で当時のトーマツ コンサルティング株式会社(現デロイト トーマツ コンサルティング株式会社)に入社。2005年にDTC初のインダストリーラインである自動車グループを立ち上げ軌道に乗せる。その後も自動車(自動車部品)業界を軸としながらも、現在は日系の製造業界全般の海外事業企画、海外組織再編等について戦略策定から実行支援までを幅広く支援している。

目次
  1. -社内サークルから始まった“自動車グループ”
  2. -3.11は製造業にとってもPoint of No Returnだった
  3. -「業界が好きな人」に来てもらいたい
社内サークルから始まった“自動車グループ”
今回のDTCインタビュー連載企画にご登場いただくのは、DTCのみならずトーマツグループ全体の製造業グループを統括している久保島様です。自動車なら自動車、電機なら電機というサイロ型の棲み分けにとどまらず、複数のインダストリーのコンバージェンスの中にこそDTCの新たな力が生まれる、というお話を意欲的に語っていただきました。
まずはご経歴を教えていただけますでしょうか。
久保島
一橋大学を卒業してプロパーで入社しています。小中高とずっと海外で過ごしていたことで結果的に日本人としてのアイデンティティを大事にするようになったんですが、氷河期の真っ最中に就職活動をしていた中で、日本企業はこのままではまずいと感じました。企業に入って歯車になるよりは、外の目線から企業を変えられる立場の方がいいんじゃないかと思い、コンサルティング会社に入ったというのが簡単な経緯です。
ありがとうございます。久保島さんはコンサルタントになってから一貫して製造業に関わってきたんですか?
デロイトトーマツコンサルティング久保島悠氏インタビューカット1
久保島
当然ですがまずは下積み時代がありました。ITシステムから顧客マーケティング、ストラテジー策定、製薬・医療機器の分野ではM&Aもやりましたし、幅広く経験させていただきました。その後、日産にカルロス・ゴーン氏がいらっしゃった頃ですが、日本の自動車業界、かつて基幹産業だったものがかなり弱くなっているというのをプロジェクトを通して間近に見る機会があったんです。当時DTCにはインダストリーラインはなくてファンクションで切っていたんですが、そのままではやっぱりお客様に対して本当に深い付加価値を提供することが出来ないと感じたんですね。そこではじめは“自動車グループ”という集まりを作って、自動車と自動車部品業界に特化しようと考えました。この時点ではプロフィットラインとしてではなく社内サークル的に投資をしてもらって、自動車業界に出来るだけ深くコミットしてみよう、と。若いうちから人材に経験を積ませて、業界を知って育つコンサルを作っていこうということを始めたのが、もうずいぶん前になります。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

デロイト トーマツ コンサルティング

国際的なビジネスプロフェッショナルのネットワークであるデロイト トウシュ トーマツリミテッドのメンバーで、監査、税務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供する、日本最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつ、トーマツグループ傘下の経営コンサルティングファーム。日本企業の海外進出支援など、デロイトが有するネットワークと総合力を生かしたクロスボーダー案件に極めて強いファームとして知られる。

当サイト内のデロイト トーマツ コンサルティング 企業情報も、ぜひご覧ください。

関連記事