EYストラテジー・アンド・コンサルティング

第1回:戦略とM&Aを融合したサービスで企業価値向上を実現する

EYストラテジー・アンド・コンサルティング
篠原 学 ストラテジックバリューエンハンスメントリーダー、パートナー
PROFILE

1996年に上智大学経済学部を卒業し、銀行系証券会社に入社。M&A業務に携わった後、2000年に大手総合系コンサルティングファームに入社。2008年にパートナーに就任すると同時に戦略策定とM&Aを組み合わせたコンサルティングを提供する専門チームを立ち上げ、リーダーとして10年以上、チームを率いながら、数多くの企業に対する戦略・M&Aコンサルティング業務を行う。2020年にEYストラテジー・アンド・コンサルティングに参画。クロスセクター組織であるストラテジックバリューエンハンスメント(SVE)を立ち上げ、チームを率いている。

★以下の特集ページにて、EYストラテジー・アンド・コンサルティングの中途採用選考フロー/面接のポイント、求められるスキルセット、弊社キャリアコンサルタントからのアドバイスなどを掲載しています。EYストラテジー・アンド・コンサルティングへの転職をお考えの方は、ぜひご参照ください。
EYストラテジー・アンド・コンサルティングへの転職情報

目次
  1. -文字通りの“ワンチーム”で顧客の真のニーズに応える
  2. -戦略策定とディールを同時進行させるスピード感が求められる
  3. -EY独自のカルチャーを大切にしながら成長を目指す
文字通りの“ワンチーム”で顧客の真のニーズに応える
Big4と呼ばれる世界4大会計事務所のひとつ、EYの日本におけるメンバーファーム「EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)」。2020年の組織再編により新たに誕生し一層の飛躍が期待されるEYSCにおいて、ストラテジーとM&Aを組み合わせてクライアントの中長期的な企業価値向上を支援しているチームが「ストラテジックバリューエンハンスメント(SVE)」です。今回はチームを立ち上げ、リードしている篠原学パートナーに、ユニークなサービス内容や人材育成への考え方についてお話しいただきました。
最初に篠原さんのご経歴を教えていただけますでしょうか。
篠原
新卒で銀行系のコンサルティング会社に入りコンサルティング業務を手掛けた後、2000年に総合系コンサルティングファームに転職しました。その後、パートナーになると同時に、ストラテジーとM&Aを手掛ける専門チームを立ち上げ、それから10年以上リーダーとしてチームを率いてきました。立ち上げ時は10人前後の小さいチームでしたが、私がリーダーを外れたタイミングでは100名を超えるチームに自力成長させることが出来ました。当時、コンサルティング業界の中でもっとも大きな規模を持つストラテジーとM&Aをサポートするチームの1つだったと思います。そんな中、リーダーを外れることになったのですが、そのタイミングで一度立ち止まり、改めて次の自分のキャリアを考えた時に「特定のファームで20年以上コンサルタントやっていることが、果たしてプロフェッショナルとして正しい姿なのか? 他のフィールドで自分の力を試してみるべきではないか?」ということを自問自答しました。ちょうど、その頃にいくつかのファームや事業会社からお誘いいただく中で、EYにはこれから大きな成長を目指すという野心的なプランがあったこと、そして私が長年やりたいと考えながら、様々な事情で実現できなかったことをできる土壌があると感じて、2020年にEYにジョインした、というのが経緯です。
篠原さんがやりたかったこととは、具体的には?
篠原
前職でストラテジーとM&Aをサービスの軸に事業展開をしていた中、クライアントのCxOと議論する機会が多かったのですが、本当のニーズは短期的なストラテジーやM&Aのサポートだけではなく、更に上位の経営課題、つまり中長期的に企業価値そのものをどう上げていくかという部分だと感じていました。しかし、なかなかこれを実現することができませんでした。一方、EYはファームとしてLong-term value(長期的価値)というコンセプトを重視したサービス展開をしている事、またコンサルティングとFASが法人として統合されている言葉通りのワンファームですので、クライアントの高度な経営課題に適したチームでコンサルティングをすることができる。そうした環境だからこそ、自分たちの事業規模の追及だけではなく、お客様のニーズに基づくサービスが提供できる。これがEYでやりたかったことです。
篠原さんが率いるSVEについて、どんなチームか教えてください。
EYストラテジー・アンド・コンサルティング篠原氏インタビューカット1
篠原
私が長年こだわってきたのはストラテジーとM&Aを組み合わせるサービスであり、そこは変わりません。ただ、目的は短期的な成長やイノベーションを目指した戦略立案やM&Aの実行だけではなく、中長期的、かつ様々なステークホルダーにとっての企業価値の向上です。短期的に企業価値を上げるということは、多くの日本企業にとって非常に重要な経営課題で、そこへのソリューションをしっかり提供できる事は大前提ですが、加えて中長期的に株主に限らない様々なステークホルダーにとっての企業価値を最大化することを実現するソリューション提供も目的としています。
サービスをシンプルに表現すると、ストラテジーとM&Aも含めた「外部活用」をサポートする事です。そして、その成果を出すまでコミットするべくEY内外の様々なプロフェッショナルと組んで、適切なソリューションを提供することがチームのミッションです。

チームの体制ですが、細かい組織を作ると壁が出来てみんなその領域の中で仕事をしようとするので、固定したサブチームはあえて作っていません。緩やかにセクター別やサービス別に分けてはいるのですが、基本的にはメンバー全員がワンチームになっているというのが特徴ですね。
パートナーは現時点では3名、またアソシエイトパートナーも数名います。それぞれに得意な業界、領域はあるものの、我々が目指している企業価値の向上は非常に複雑なテーマなので、ひとりのパートナーが全部やりきれるかというとなかなか難しい。ですので、チーム内でもコラボレーションしてサービス提供することを、基本的な考え方にしています。
我々のようなコンサルティング業務を実施していると、どうしても個々のパートナーやマネージャーが特定のメンバーを固定的にアサインし続けて、部分最適を目指してしまいがちです。それはそれで上位層のメンバーにとっては良い環境だと思います。ただ、クライアント、働く従業員の方々にとって、それが本当に望ましい形なのか? という考え方に基づいてチームの上位層のメンバーは、ワンチーム、コラボレーションを基本原則として動いています。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

EYストラテジー・アンド・コンサルティング

世界各国にプロフェッショナルを擁するアーンスト・アンド・ヤング(EY)の日本におけるメンバーファームであり、クライアント企業の価値向上のためのコンサルティングサービスを幅広く提供している。2020年10月、EYトランザクション・アドバイザリー・サービスとEYアドバイザリー・アンド・コンサルティングが統合し、EYストラテジー・アンド・コンサルティングとして業務開始。

当サイト内のEYストラテジー・アンド・コンサルティング 企業情報も、ぜひご覧ください。

求人検索

絞り込み検索

業務内容

年収

こだわり条件

キャリアレベル

雇用形態

  • 金融機関/金融プロフェッショナル
    選択中
  • コンサルティングファーム
    選択中
  • スタートアップ/ベンチャー企業
    選択中
  • 事業会社(マネジメント/M&A関連)
    選択中
フリーワードから求人を探す

関連記事

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。