EYストラテジー・アンド・コンサルティング

第2回:日系企業の「負けられない戦い」を地球レベルでサポート

EYストラテジー・アンド・コンサルティング
石黒 泰時 ジャパン アウトバウンド ビジネスリーダー/エネルギーセクターリーダー、パートナー
PROFILE

慶応義塾大学経済学部を卒業後、大手保険会社に入社。ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士にてMBAを取得し、帰国した後にコンサルティングファームに転職。事業会社のアジア・パシフィック統括CEOも経験した後、20年以上にわたりコンサルタントとして多くの業界、クライアントのグローバルでの競争力確立を支援。
2020年よりEYに参画し、Japan Outbound Business Leaderとして、クライアントの海外戦略策定・実行支援をリードしている。

★以下の特集ページにて、EYストラテジー・アンド・コンサルティングの中途採用選考フロー/面接のポイント、求められるスキルセット、弊社キャリアコンサルタントからのアドバイスなどを掲載しています。EYストラテジー・アンド・コンサルティングへの転職をお考えの方は、ぜひご参照ください。
EYストラテジー・アンド・コンサルティングへの転職情報

目次
  1. -海外に根を張って、クライアントを現地でサポート
  2. -変化に合わせ、ポストコロナにおける経営戦略を練り直す
  3. -駐在体制はあくまで手段、海外ありきのチームではない
海外に根を張って、クライアントを現地でサポート
EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)のインタビュー特集第2弾は、日系企業のグローバルでの活動をシームレスに支援する「Japan Outbound Business(JOB)」チームを牽引する石黒様にご登場いただきます。東南アジアや中国など現地にメンバーを常駐させる体制の狙いや、JOBならではの仕事の面白さなど、幅広くお話を伺いました。
まずは石黒さんのご経歴をお聞かせください。
石黒
私自身、生まれがタイでこれまでニュージーランド、アメリカ、中国と10数年海外生活をしてきました。ライフワークとして、日系企業をグローバルでサポートしています。新卒でグローバルビジネスを志向する場合、一般的には商社などを希望すると思いますが、私が大学を卒業した当時は日系金融機関が盛んに海外投資を行っていた頃でしたので、商社とは違った面からグローバルビジネスに触れられるのではないかと思い、大手保険会社への入社を決めました。その後、アメリカでMBAを取得し2年ほどその会社で働いてから、コンサルティングの世界に飛び込みました。現在まで合計25年近くコンサルタントとして働いていますが、その間には自分でPLを背負って当事者として事業を展開したいという思いから事業会社のCEOも経験しました。そして再度Big4系ファームにコンサルタントとして戻り、2020年よりEYに参画したという経緯になります。
続いて、石黒さんがリードするJOBの組織体制について教えてください。
EYストラテジー・アンド・コンサルティング石黒泰時氏インタビューカット1
石黒
JOBはEYSCの中でインダストリーチームとコンピテンシーチームを横断し、すべての部門と関わっていく組織として2020年7月に設立されました。それから1年近く経った現在は40名ほどの規模で活動しており、今後は100名超の規模にしていきたいと思っています。立て付けとしては日本、東南アジア、中国、欧米にそれぞれメンバーを置き、クライアントである日系企業を地球レベルでシームレスに支援していける体制をとっています。これから日系企業が伸ばしていかなければいけない絶対負けられない地域、将来さらにグローバル化していくための土台を作っていくべき地域、そういったエリアを手厚くサポートしています。
JOB設立の狙いはどこにあったのでしょうか。
石黒
戦略系も含めてどのコンサルティングファームも、案件の内容とその時々の必要性に応じてグローバル連携していると思います。ですが、私たちは日系企業を本気でサポートしていくためには、常に現地でクライアントに一番近いところにいてサイドバイサイドでサポートできる体制を作らなければいけないと考えています。ゴルフの松山英樹選手がマスターズで優勝するまで、日本からアメリカに渡り腰を据えて何年も頑張ってようやく栄冠を勝ち得たように、ビジネスでもグローバルマーケットでの成功は一朝一夕には叶いません。であれば、私たちも現地に根を張ってクライアントの課題解決をサポートする、それと同時に日本にもしっかりチームを配置して本社の意向も汲み上げつつ、全世界で整合性のある経営戦略を作り上げるお手伝いをする、そういった組織形態が必要だと考えチームを立ち上げました。現在、40名のうち30名ほどが海外駐在、10名ほどが日本チームという割合になっています。
クライアントはどういった業種の企業ですか。
石黒
日本の産業構造の特徴として海外比率が高いのは自動車産業や通信ハイテク系企業ですので、それらの業種のクライアントがメインではありますが、基本的にはすべての業種をカバーしています。実際、コンシューマー、ライフサイエンス、ファイナンスなどの企業もサポートしています。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

EYストラテジー・アンド・コンサルティング

世界各国にプロフェッショナルを擁するEYの日本におけるメンバーファームであり、クライアント企業の価値向上のためのコンサルティングサービスを幅広く提供している。2020年10月、EYトランザクション・アドバイザリー・サービスとEYアドバイザリー・アンド・コンサルティングが統合し、EYストラテジー・アンド・コンサルティングとして業務開始。

当サイト内のEYストラテジー・アンド・コンサルティング 企業情報も、ぜひご覧ください。

求人検索

絞り込み検索

業務内容

年収

こだわり条件

キャリアレベル

雇用形態

  • 金融機関/金融プロフェッショナル
    選択中
  • コンサルティングファーム
    選択中
  • スタートアップ/ベンチャー企業
    選択中
  • 事業会社(マネジメント/M&A関連)
    選択中
フリーワードから求人を探す

関連記事

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。