アクセンチュア

第3回:テクノロジーの力で社会そのものの変革に貢献していく

アクセンチュア
ビジネス コンサルティング本部 ストラテジーグループ コーポレートストラテジープラクティス日本統括、マネジング・ディレクター 田村学
PROFILE

1995年東京大学工学部を卒業後、都市銀行勤務を経て1999年アクセンチュア入社。主に事業戦略、M&A戦略、マーケティング戦略の領域において、通信、ハイテク、小売り、消費財メーカーなどの幅広いコンサルティングに従事。2020年3月より現職。

★以下の特集ページにて、アクセンチュアの中途採用選考フロー/面接のポイント、求められるスキルセット、弊社キャリアコンサルタントからのアドバイスなどを掲載しています。アクセンチュアへの転職をお考えの方は、ぜひご参照ください。
アクセンチュアへの転職情報

目次
  1. -これまでの典型的な戦略コンサルの仕事は、目に見えて減っている
  2. -特定業界の専門家よりクロスインダストリーで活躍できる人材が必要に
  3. -チャレンジしたい方にとってアクセンチュアは最適な場
これまでの典型的な戦略コンサルの仕事は、目に見えて減っている
総合コンサルティングファームの最大手「アクセンチュア」の中でも、クライアントの経営戦略に直結した課題を取り扱っているのがストラテジーグループです。今回はグループをリードしているMDの田村様にご登場いただき、具体的なプロジェクトの傾向や、戦略コンサルティングとデジタルのあり方などについてお話をうかがいました。
まずは田村さんのご経歴から、お聞かせいただけますでしょうか。
田村
大学を卒業後、新卒で当時の都市銀行に入り、4年ほど経ったタイミングでアクセンチュアに第二新卒で入社しました。一つの業界に閉じることなく、様々な産業の重要な意思決定の場に若いうちから携われる環境に魅力を感じたからです。そこから13年間一貫して、アクセンチュアの戦略コンサルティング領域の仕事をしてきました。39歳になった時に一度アクセンチュアを出て外資系の小売業に参画し、新規事業開発に約3年間携わった後、アクセンチュアに戻ってきて今に至るという経歴です。
小売業からアクセンチュアに再入社を決めた時は、どんな背景があったのですか。
田村
ちょうどその頃、アクセンチュアの戦略コンサルティングを統括していた方と食事をする機会があり、アクセンチュア ストラテジーとしてブランディングを再構築する方針だという話を聞きました。戦略から実行まで一気通貫でイノベーションを支援できる点が以前からのアクセンチュアの強みですが、改めて個々の組織を見た時に本当に必要な能力を備えているかが当時の問題意識であり、その解決のために外部から経験豊富な人材を採用して変わろうとしているとのことでした。
また同時に、「急速に進化するデジタルテクノロジーをどうやって事業戦略に持ち込むか」というテーマがいよいよ迫っている時代になっており、私が一度退職した当時とはまったく違う姿に変化していくのだと感じられました。もともとコンサルティング業界に戻るつもりはなかったのですが、それであればもう一度チャレンジしてみたいと考え、アクセンチュアに再入社することを決めました。
新しい戦略コンサルティングに再チャレンジしてみようと思わせる土壌が、その時のアクセンチュアにあったということですね。
アクセンチュア田村氏インタビューカット
田村
そうですね。恐らく数あるファームの中でもアクセンチュアが一番敏感に反応したと思うのですが、戦略コンサルティングというもの自体の価値の出し方、クライアントへの貢献の仕方が、一段ギアが変わるタイミングだと感じたので、それが非常に魅力的だと思った記憶があります。
実際に再入社した後で、それを実感することは出来ましたか?
田村
やはりそれはすごく感じます。仮説を立て市場分析をして、ビジネスモデルとアクションプランを策定して資料化して納品するという、典型的な戦略コンサルティングの仕事は目に見えて減っています。そもそも産業の垣根がなくなってきている今の時代に、どうやって新しい事業領域を見つけて立ち上げるのか、それを迅速に世に問うていく、その先頭に立つのが我々ストラテジーグループです。しかもそれはストラテジーグループのメンバーだけでやるのではなく、デジタルやテクノロジーの専門家も巻き込んでサービス化していくイメージなので、クライアントとの関係性も大きく変わりました。我々から「これが正解です」と提示するのではなく、リスクはコントロールしつつも一緒にチャレンジしてみましょう、と鼓舞するような形でクライアントの事業を大きくしていくというスタイルになってきています。これは以前の戦略コンサルティングのあり方とは、非常に大きな違いだと思います。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

アクセンチュア

53カ国200都市以上の拠点に44.2万人を超える従業員が働く、世界最大級のコンサルティングファーム。日本では1995年に拠点を設立。2001年にアクセンチュアへ社名変更し、現在は9500人以上が所属する国内最大級のファームへと成長した。多くのブルーチップ企業、政府/公共機関に対して「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供している。

当サイト内のアクセンチュア 企業情報も、ぜひご覧ください。

求人検索

絞り込み検索

業務内容

年収

こだわり条件

キャリアレベル

雇用形態

  • 金融機関/金融プロフェッショナル
    選択中
  • コンサルティングファーム
    選択中
  • スタートアップ/ベンチャー企業
    選択中
  • 事業会社(マネジメント/M&A関連)
    選択中
フリーワードから求人を探す

関連記事

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。