アクセンチュア

第3回:テクノロジーの力で社会そのものの変革に貢献していく

アクセンチュア
ビジネス コンサルティング本部 ストラテジーグループ コーポレートストラテジープラクティス日本統括、マネジング・ディレクター 田村学
PROFILE

1995年東京大学工学部を卒業後、都市銀行勤務を経て1999年アクセンチュア入社。主に事業戦略、M&A戦略、マーケティング戦略の領域において、通信、ハイテク、小売り、消費財メーカーなどの幅広いコンサルティングに従事。2020年3月より現職。

目次
  1. -これまでの典型的な戦略コンサルの仕事は、目に見えて減っている
  2. -特定業界の専門家よりクロスインダストリーで活躍できる人材が必要に
  3. -チャレンジしたい方にとってアクセンチュアは最適な場
チャレンジしたい方にとってアクセンチュアは最適な場
通信企業の取り組みを、アクセンチュアのストラテジーグループが後方支援しているということですね。
田村
はい。クライアントの顧客となる企業の具体的な悩みをどう解決するかが主眼なので、例えば最適なソリューションを持っているベンチャー企業を紹介する、AIを使った解決策を提示するといった、より実践的なアイデアやソリューションを持ち寄ってビジネスを支援できる点は、アクセンチュアらしいと思います。
アクセンチュアは2020年3月に新たな成長モデルを発表し、大きな組織改編があったと聞きました。ストラテジーグループにとってどのような変化があったのか、教えていただけますか。
田村
近年、クライアントが新しい事業をつくり、挑戦するとき、その多くが既存の事業の枠組みに収まらない取り組みになっています。これらの幅広いニーズや市場の急速な変化へ対応すべく、アクセンチュアでは2020年3月に新たな「成長モデル」を発表しています。これまで領域ごとに分けていた組織を解体し、「ストラテジー&コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーションズ」の4組織に再編し、すべての部門に旧デジタル コンサルティング本部の社員を再配置することで、より一体となってお客様にサービスを提供できる体制に移行したのです。

これまで異なる部門だった戦略コンサルティングとマネジメントコンサルティングも、「ストラテジー&コンサルティング」として統合されたことにより、今後はより大きなトランスフォーメーションを見据えた戦略を立案できると思っています。例えば新規事業の立ち上げや会社のあり方そのものを大きく見直したいという時に、最初に戦略コンサルタントが入るだけでなく、マネジメントコンサルタントのメンバーも参画し、現場での実際の業務変革やテクノロジープラットフォームの選択などを早い段階から見据えて議論しやすい環境になりました。抜本的な変革を迅速に実現することの必要性が高まっている今、ストラテジーとコンサルティングがそれぞれの領域のさらなる強化は図りつつ、より一層連携を強め、機動的になることが不可欠になっています。

また、もう一つ大きく変化したこととして、従来、デジタル コンサルティング本部のアクセンチュア アプライド・インテリジェンスとして提供されていたAIやデータサイエンス関連のサービスが「ストラテジー&コンサルティング」の傘下になったことです。これからの企業変革にAIは必須であり、今後は経営の意思決定すらAIがシミュレーションしていく世界になるはずです。マネジメントコンサルティングと同様、プロジェクトの最初からデジタル領域の専門家の知見を得られることは大きな進化だと思っています。
今後のストラテジーグループはどうありたいと考えてらっしゃいますか。
田村
テクノロジーを梃子にして既存の業界を破壊していく企業がディスラプターと称されていますが、まだまだ旧態依然とした業界もありますし、スマートシティやアグリカルチャーといった社会的な意義を持つ問題についても、もっとテクノロジーを使ったイノベーションが起こるはずだと言われています。ストラテジーグループとしては、そのような領域で先陣を切っていくことが大事だと思っています。クライアント企業のDXは多く担当させていただいていますが、その先で社会そのものの変革にもっと貢献できれば、数あるファームの中でも差別化のポイントになると思います。特に昨今の情勢によって、これまで保守的だった多くの企業や官公庁が変わろうとしていますので、我々が貢献できる部分があると考えています。
では、今後どういう方にご入社してほしいか、活躍してほしいかを教えてください。
田村
マインドセットとして、「社会を変えたい、新しいことにチャレンジしたい」と考える方にとって、アクセンチュアが最適な職場であることは間違いありません。アクセンチュアはビジネス成長を続けていて、日本オフィスも15,000人以上います。幅広い業界の様々なプロジェクトがありますので、何かチャレンジしたい気持ちがある方には合うと思います。私個人としての挑戦も同じですが、企業や業界そのものにとって新しいことを一緒に考えていきたい方にはぜひ仲間になっていただきたいです。
それと、これからのコンサルティングファームではコラボレーションが非常に大事になってきます。お客様だけでなく、社内の他のチームや、学会とかベンチャー企業とのコラボレーションも増えていて、多様なステークホルダーと協力し合って新しいことを前に進めていくことが戦略コンサルタントにも求められます。様々な力の掛け合わせて新しいものを生んでいく、そこには軋轢が生じることもありますが、それを突破できるような気概を持った方にお会いしたいと願っています。
本日はお忙しい中、ありがとうございました。

現在募集中のポジション情報

企業プロフィール

アクセンチュア

53カ国200都市以上の拠点に44.2万人を超える従業員が働く、世界最大級のコンサルティングファーム。日本では1995年に拠点を設立。2001年にアクセンチュアへ社名変更し、現在は9500人以上が所属する国内最大級のファームへと成長した。多くのブルーチップ企業、政府/公共機関に対して「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供している。

当サイト内のアクセンチュア 企業情報も、ぜひご覧ください。

求人検索

絞り込み検索

業務内容

年収

こだわり条件

キャリアレベル

雇用形態

  • 金融機関/金融プロフェッショナル
    選択中
  • コンサルティングファーム
    選択中
  • スタートアップ/ベンチャー企業
    選択中
  • 事業会社(マネジメント/M&A関連)
    選択中
フリーワードから求人を探す

関連記事

金融転職、コンサルタント転職、CxO転職はアンテロープへお任せ下さい。